スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯浅政明作品について

いきなりですが、湯浅政明監督ってご存知でしょうか
「ちびまる子ちゃん」や「クレヨンしんちゃん」の映画などでちょこちょこ監督をしていた訳なんですが、実際湯浅ワールドにガッツリと漬かったのが、「カイバ」や「マインド・ゲーム」そして「ケモノヅメ」です。
なかなか面白い内容だし、絵もスタイリッシュなので好きなアニメです。
「かっこいい」かどうか?というのが私の判断基準のひとつなんですが、これはかなり「かっこいい」部類に入ります。

ストーリー
記憶のデータ化ができるようになり、肉体の死がもはや死とは呼べなくなった世界。
記憶はデータバンクに保存され、新しい身体への「乗り換え」や、記憶の売買といったことが可能になり、違法に記憶を改ざん、記憶を盗むことも行われていた。
社会は混沌とし、力を失い停滞化していた。
あるとき、壊れた部屋の中で目覚めた男がいた。彼の名はカイバ。自分の記憶がない。
突如襲われ、宇宙へ逃げ出すことになったカイバは星をめぐる中、様々な人と出会い、記憶を取り戻してゆく。

カイバ Vol.1 [DVD]カイバ Vol.1 [DVD]
(2008/06/25)
桑島法子能登麻美子

商品詳細を見る


ストーリー
主人公は食人鬼を狩る「鬼封剣」の若き剣士である桃田俊彦。
そして、彼の恋人であり、実は食人鬼の上月由香。この2人の関係を軸に愛憎のドラマ、激しいアクション、笑いが炸裂する。

ケモノヅメ DVD-BOXケモノヅメ DVD-BOX
(2007/07/13)
不明

商品詳細を見る


ストーリー
初恋の相手みょんと再会し喜ぶ西。彼女は焼き鳥屋に西を招待する。そんな時、みょんの父の借金を取り立てにヤクザがやって来た。そして運の悪いことに、西は怒り狂うヤクザによって、ケツに銃を突っ込まれあっけなく死んでしまう。
こんな死に方に納得できない西は、黄泉の世界で神様に逆らい、驚くべき執念で現世に蘇り、瀬戸際の危機を脱した西は迫り来るヤクザから必死に逃げる。しかし激しいデッドヒートの末、橋の真ん中であえなく車ごと海へと転落してしまうのだったが…。

マインド・ゲーム [DVD]マインド・ゲーム [DVD]
(2004/12/22)
今田耕司山本精一

商品詳細を見る


カイバを見たときはカイバ達のパンツとブーツを見て「アトムじゃん」というのが感想でした。
そうです。あの言わずと知れた手塚治虫の作品「鉄腕アトム」です。数々のアニメーターや漫画家は「鉄腕アトム」へのオマージュを描こうとします。
どうしても漫画家にとっては避けられない道なんでしょうか・・?
私はその時代に生まれて無かったので「鉄腕アトム」をちゃんと見た事はありません。
関係ないですが、ミッキーマウスの黒いパンツと鉄腕アトムの黒いパンツには共通点が多々あるような気がするのですが、気のせいでしょうか?

カイバの絵の特徴(又はアトムの特徴)ですが、手足の描き方によく出ていると思うのです。
普通、人間は腕の付け根や足の付け根の方が手首や足首よりも太いです。
逆の人はいないと思います。それは人体構造学的にそうでなければいけないので、当たり前の事なんですが、それを逆に描いたのが手塚治虫ではないかと私は常日頃思っています。
普通は人間を描くのに、手首や足首の方を太く描くなんて思いあたりません。
アトムは人間ではないのでロボットっぽさを出したかったのでしょうか。
カイバの世界ももはや人間の世界と言えませんので、体はただの入れ物だという事を表現したかったのでしょうか。
それとは逆に「ケモノヅメ」は男性は男性らしい女性は女性らしいラインを素敵に描いています。おさるが出てくるという細かい遊びも面白い。
「マインド・ゲーム」は吉本芸人が出ている事でも有名な作品ですが、(アニメなのに実際に出てるんです。アニメと実際の人物との融合って所でしょうか・・分からない人は百聞は一見にしかず。見る様に。)ぶっ飛び内容です。車が海に落ちた後、こんな事想像つかないって展開になるので、まさに新しいアニメと言って良いでしょう。
私は「カイバ」より「ケモノヅメ」や「マインド・ゲーム」の方が好きです。

様々な雰囲気が作り出せる人なんだなぁ~とごく当たり前のシメになってしまいました。
新しい事に取り組んでいる姿勢がどんどん作品を面白くするんでしょうね。

0000001.jpg


今回は加山又造展のついでに行った「文化庁メディア芸術祭」で湯浅監督「カイバ」の原稿を見ました。生原稿です。(ノ><)ゝ ヒィィィッ!!
凄いっす。凄いっす。いや~いいもん見た。

02020.jpg


それにしても、写真が小さくてよく見えませんね・・雰囲気だけ感じ取って下さい。(笑)
企画の段階と実際出来上がったアニメとは違ってくるじゃないですか、それの元が見れたのでとっても満足な気分になりました。
やっぱり原画は迫力あります。

P2123696.jpg
スポンサーサイト

テーマ : アートな写真
ジャンル : 写真

毒を出す食 ためる食

本日は面白本の感想を書かせて頂きます。
私が本屋で偶然に見た時はまだ発売当初だったようで、一冊しか置いてなかったのですが、先日本屋のランキング上位にあるのを発見して驚きました。
「マハリシ・アーユルヴェーダ」という医学に基づいている治療方らしいんですが、まぁ、そんなことはど~でもいい。もともとアーユルヴェーダ知りませんし。
アーユルヴェーダと言う時のヴェーダは下唇をそっとかみながら発音しましょう。(発音ワンポイントアドバイス)いらん事書くな~!!

毒を出す食 ためる食毒を出す食 ためる食
(2008/12/20)
蓮村 誠

商品詳細を見る


まずは驚いたのが、お腹に良いとされているヨーグルトです。
私、毎朝ヨーグルトを食べていたのですが、いまいち便秘がち・・胃腸が弱っている時なんてお腹壊すし・・
「ヨーグルトよ!お前は本当に効いているのかえ?」と思っていた時なので、これを期にやめてみました。
すると、どうでしょう!便秘も治り、胃がしくしく痛む事もなくなりました。
私も昔はそんな事無かったんです。ヨーグルトを沢山食べようが、何をしようが、まったく胃腸が弱るなんて事無かったです。
でも、消化力が弱ってきている時はやめた方が良いようです。
乳酸菌だって正しく消化されてこそ威力を発揮するもの。消化不良になってしまったら何にもならないのです。

牛乳は良いのですが、空腹時に温めてお湯で割って飲むと良い。と書かれています。
私のおばあちゃんは90歳過ぎなのですが、よく牛乳を飲みます。けど冷たい牛乳は絶対に飲みません。
やはり長生きする人は自然に体に良い事をしてるんだなぁ~と思いました。
それと白湯を一日カップ5~6杯程度飲むと良いそうです。飲み過ぎてもダメですよ。
お茶も良いって書いてありました。
ふむふむ。私の実家は静岡県なので、緑茶をやたら飲む文化があります。
みんながどんどん飲むので、すぐ薄まってしまい・・最後は白湯の様になってしまいますが、それでもまだ飲みます。(ケチくさい?)
おばあちゃんは冷たいものを絶対にとらない主義なので、その辺も胃腸に良いんでしょうね。それが長寿の秘訣でしょうか。

『食べたら牛になるってホント?』って質問の所には牛にはなりませんが体には悪いです。というのを読んで、よく食べた後横になっているとおばあちゃんに「ほらほら牛になるよ!角生えてくるよ!」←何故か雄牛(笑)と言われ、食べ散らかしていると「ニワトリ呼んで来なきゃ!」と言われ、食べた後走り回ったりすると「ご飯が指先まで行っちゃうよ!」と言われていたので、ここに書いてある事は分かっていた様です。(笑)

↓関係無いですが、お鍋をやった時の写真です。
左・うどんとじゃがいもと鶏肉の鍋。
右・鶏だんごと野菜の鍋。

IMG_5843.jpg

お酒は百薬の長と言いますが、全く違うそうです。
呑めば呑むほど体を蝕むので料理にも入れない様にと書いてありました。←それも言いすぎのような気がしますが・・
実はうちの夫ですが、以前に比べてお酒を呑む量が格段に減りました。(土日休日のみ呑む事にしたようです。)
注・私が言った訳ではない。ここの所勘違いしないように。
以前はザルのように・・底なしヌマのように・・呑みまくっていたのですが、急に健康や体重を気にし始め、節制に励む日々。
先日はなんとクラブに行っても一滴も呑まず(クラブって踊る方ね)逆にちょっと引きました。
お酒のカロリーってかなり高いようで、どんどん体重が落ちています。
しかし、被害者は私です。
夫が自分で決めた事なのに周りからは「奥さんにダメって言われているんでしょ。」などと言われ・・
私はもともとお酒が呑めないので、普段通りの生活をしていたら、「それでは良くない!何か節制しなきゃいけない」と言われ、なっなんで私まで節制を・・
おっと、話が脱線したので続き行きたいと思います。

そして、びっくりたまげたのが、体に良いと言われている代名詞。納豆などのネバネバ食品!
はっきりと慢性副鼻腔炎・花粉症・アトピーなどの体質の人はダメ。と書かれていたので、やめました。
しばらく納豆を買わないようにしていたのですが、たまには出そうと思い食べたら、なんとなく鼻の調子が悪い。気のせいかもしれませんが、とにかく大豆製品などはアレルギー体質の人には良くないしネバネバしている物は膿も出にくくなる様な気がするので、しばらくやめてみます。

左・ウィンナーと卵と野菜の雑炊。
右・豆腐と椎茸と野菜を入れた湯豆腐。

IMG_5905.jpg


魚は肉よりヘルシーというのもイメージで、実際はそんなことないんだって。
確かに・・魚を焼いていると沢山油が落ちます。
お寿司のトロなんて、油っぽくてウッてくるしね。

シャキシャキした生野菜のサラダも大好きだったのですが、体を冷やすし消化も悪いというので、あまりやらない様にしてます。
確かに、実家では生野菜はあまり食べなかった。必ず茹でてあった。

しかし、これに書いてある事を全部守ったら、絶対に痩せるだろうな・・という事です。
何故なら食べて良いものが少ないから。
基本、お菓子なんかはダメだし、私の場合カパ体質なので、たくさん食べちゃダメ。油ダメ。朝食もダメ又は少量。夕食は昼食より減らす。穀物を減らす。白米や大豆ダメ。砂糖ダメ。(体質によって朝食しっかりとった方が良い人や油とった方が良い人もいますので、色々ですよ。)
これって、インドの精進料理みたいなものですね。修行ですか!!修行!!
蒸した野菜。温かい蕎麦。スープ類。なら良いそうです。(病院食かっ!)
もちろん、体が丈夫な人は色々食べても良いのですが、(けっこう制約がありますけど。)
しかし、これって成長期の子とか体力仕事の人やスポーツやる人には物足りないんじゃないかね・・なんて思ってしまうのですが、どうなんでしょ。

そして、何々が好きだからとか、何々が体に良いからと言って、そればかり食べてはダメで、バランス良く色々な方面から栄養をとらないと健康にはならないそうです。
よく色々なテレビ番組で何が体に良いとか痩せるとかやってるけど、それ自体はもちろん良いものでも偏っちゃダメ。大事なのはバランスなんですよね。
肉だけじゃダメだし、魚だけじゃダメ。キノコだって豆だって野菜だって果物だって、そけぞれ役目があって大切なんです。けど、量はほどほどにね。って事を心掛けてみたいと思います。

左・キムチと野菜の鶏肉鍋。
右・豆腐と野菜と豚肉の味噌鍋。

IMG_6053.jpg


Q&A方式で書いてあるので、非常に分かりやすいですし、この本に書いてある事は本当にごく普通の事です。
早寝早起きとか、運動を適度にするとか、全部は実践できなくても少しづつでも近づければ良いかなぁ~って思いました。
朝6時までに起きて朝シャワーをあびるとか、散歩に行ってから外出とか・・そんな暇朝は無いのでその辺は無視です。(笑)
専門用語がイマイチ分からない・・と思っていたのですが、後半にチェックシートがあり意味も分かるようになっているので、それも面白かったです。
夫は自分の好きな物がことごとくダメだと書かれていたので、「キー!」と怒ってました。

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

「ポワレとフォルチュニィ展」東京都庭園美術館

期間は終了してしまったのですが、先日東京都庭園美術館へ「ポワレとフォルチュニィ展」を見に行ってきました。
「東京都庭園美術館って、一番よく行く美術館になったね。」などと夫と話ながら行ったのですが、天気は雨がぱらつき、風がメチャクチャ強い全くお散歩日和では無い日・・
その風の強さと言ったら、自分で歩く意思が無いのに後ろから誰かが押してくれている様な強さ。「いやいや、頼んでないですからっ」って思わず断ってしまいそうです。
案の定傘もおちょこになる始末。しかも私と夫の二本とも
もう、「キャイ~ン」って感じてすよ!(意味不明)

20090321_poiret_et_fortuny.jpg

さてさて、本題に入りますとポール・ポワレと言うと服飾史の教科書にも載っている有名デザイナー。ハイ・ウェストのドレスが有名です。
ハイウエスト切り替えの洋服は今や何処の店にもあるし、道行く人も着ています。超定番中の定番。でも、これが定番になるまでには長ーい歴史の中で、徐々に洋服への意識や意味が移り変わって行った中での出来事な訳です。
コルセットで締め上げるデザインが普通だった時代にこんな洋服が出てきたら、まさにアバンギャルド!「ネグリジェかぁ~」と思うの間違いなし。
しばらくはみんな部屋着として着ていたらしいです。
(今だったら、ハリウッド女優がさらっとパーティーで着こなしてそうですね。)それほど最先端だったという事です。

pf_082.jpg

そんなアバンギャルドな洋服を初めに世に広げるのは、いわゆるかっこ良いモデル。そのモデルが奥様だったらしいのです。なっなんと、今は普通になってしまいましたが、夫婦でプロデュースなんて!それもアバンギャルドな事だったんでしょうね。
コルセットはなんせ大変ですが、美しく見せる為にはしかたの無い事でした。でも、女性のあり方がだんだんと変っていくにつれ、男性にそんなに媚びなくても良いのでは?という考えも出てきます。それに世の中にはスタイルの悪い人も沢山いますよね。(毒舌?)その人たちにとっては素晴らしい洋服だったんじゃないかと思うんです。
実際、デザイン画(当時はファッション雑誌が無かった為、絵を書いてその時の流行などを見せていた。)などは、大きな女性が着ていました。

しかし面白いのが、女性服の革命「脱コルセット」をやったのに、現代でヴィヴィアン・ウェストウッドがコルセットを使用した洋服を発表して話題になりました。(私が学生の頃なので、かなり前ですが・・)すごーいかっこいいと絶賛したものです。
ヴィヴィアン・ウェストウッドのいつも言ってる一言。「ファッションは美しく見せる為の犠牲をつくる事」
う、う~ん・・・らくちんな洋服を着ていたんじゃ、美しく見えないって事なのね。
そして、その場に書いてあった一言。「過去や伝統がなければ革新は意味がない」

ま~わる♪ま~わるよ♪時代はまわる♪

photo02.jpg

photo06_20090406124532.jpg


今では多種多様な洋服が出回り、それを好きに組み合わせて着る事ができるので、一つのデザインになるって事はありませんが、実際ハイウエスト切り替えのAライン服が多いのは確かです。
余談ですが、ハイウエストと言うと私にはイマイチ似合わないデザインなのよね~。
ほとんどがミニスカでかわいいデザインというのも原因なんですが、試着すると、にょっきりと出た妙に長い手足・・切り替え位置が上の方過ぎて胸のラインがおかしい・・って感じでバランスが非常に悪いのです。(かわいい服が似合わないとも言う)

で、実際に見たポワレのドレスはプリーツ加工が施してあって、これも当時としたらすごく画期的な事だったと思うんだけど、こうゆうゆるいんだけどラインがバッチリ出る服は逆にスタイルの良し悪しが目立つ!って事を思い知りました。
コルセットが無い分自分のお肉がもろに出る訳ですから少しでもお腹がぽっこりしていたら、そのラインまる分かりですから!!

売り方も面白くて色々とユニークなアイデアが垣間見れました。
クシャっと丸めて円柱の箱に入れて売られたなんて、そうゆうの遊び心あって、当時としてはびっくりしただろうね。
それが、今じゃなくて20世紀初頭って所がぶっ飛びだね。
きっとお客がついて来れなかったんじゃないかなぁ~?とか、三宅一生のプリーツプリーズってこれからヒントを得たのかなぁ?とか、何で生地がボロボロにならずにちゃんと残っているんだろ?とか色々な事を思いました。(加工がしっかりしていた事とシルクだから??)

そして、思ったのがレトロな美術館内の内装にドレスがメチャクチャ栄える
う~ん。タイムスリップですね。
普通なら絶対昔の服なんて見れませんもんね・・素敵な展示でした。

※ポール・ポワレについて・・・
西欧においてコルセットは、ルネサンス以降数百年間にわたり、女性のウエストを締めあげることによって衣服のシルエットを支配してきました。しかし、20世紀初頭、女性のファッションはコルセットの着用をやめたことにより劇的に変化します。女性の肉体は「解放」され、衣服の簡素化と機能性の追求がすすみました。そしてそれは1906年のポール・ポワレの「コルセットからの解放」から始まると考えられています。
 一方、ヴェネチアで絵画・彫刻・舞台芸術・インテリアデザインなど多方面で活躍したマリアノ・フォルチュニィは、テキスタイルでも20世紀最高のデザイナーといわれています。また彼が生み出したコルセットを用いない古代ギリシャ風のプリーツ・ドレス「デルフォス」は、圧倒的なシンプルさと鮮やかな色彩と光沢により、今日のデザイナーたちにも絶大な影響を与えています。

テーマ : アートな写真
ジャンル : 写真

「国立新美術館」加山又造展

私は恥ずかしながら知らなかったのですが、夫が「加山又造っていうかっこいい絵を描く画家がいるから見に行きたい。」(夫も宣伝で知ったもよう)と言うので、調べたら「何だ~。日本画家か・・(日本画はあまり好きじゃない。)」と思ったのですが、なんとなく琳派系の匂いがしたので、見に行きました。└( ̄▽ ̄)┐(琳派なら好きなので)

P2123710.jpg


※琳派(りんぱ)とは・・・
俵屋宗達、尾形光琳ら江戸時代に活躍し、同傾向の表現手法を用いる美術家・工芸家らを指す名称である。
背景に金銀箔を用いたり、大胆な構図、型紙のパターンを用いた繰り返し、たらしこみの技法などに特色が見られる。2004年に東京国立近代美術館で開催された「琳派 RIMPA」展では、明治以降の日本画の作品(菱田春草、横山大観など)のほか、クリムトやウォーホルの作品にも「琳派的なもの」が見られるとされた。


IMG_6077.jpg


琳派と黄金の関係
私はこの2004年に東京国立近代美術館で開催された「琳派 RIMPA」展を見に行ったのですが、「琳派」の技法って現代でも障子の柄とかお椀の柄によく使われてるなぁ~と思ったのと、「琳派」って金色を必ず使ってるので、金色が使ってないとダメなのかなぁ~?と思ったのを思い出しました。
母に聞いたら、「別に金色は関係無いよ。この時代のこの技法のものは「琳派」って言うんじゃないの。」と言っていたのですが、私の中では「琳派=金」ってイメージなんです。
まあ、金箔を使用するのも特徴だったので、それで自然に金の使用する割合が多くなったのかもしれません。

とまあ、前置きが長くなりましたが「加山又造展」の本題に入ります。
国立新美術館に行くのは初めての為、地図の看板見ていたら、ダンディーなおじさま方が次々に来ては「国立新美術館は何処ですか?」と質問してくるので、「ここにいたら一生説明しなきゃならない」と思い退散。
トットット・・ ((((((((;`Д´)ノ"(笑)
(私はとにかく人に道を聞かれます。知っていても急に聞かれると答えられないのが悩み。)
美術館に着いたら、平日に行ったのに凄い賑わい
高級スーツにマフラーを巻いたダンディーなおじさま方が多い多い。後、着物を着た粋な男性も数人見ました。女性ならともかく男性で着物って凄くないですか?しかもけっこう居たんですよ。「何処の旦那様か分かりませんが、こうゆう人達が見に来るんだ~」と改めて思い、又造人気思い知る。(笑)jumee��faceA56

IMG_6090.jpg

設計― あの有名な黒川紀章さんです。
前庭に二・二六事件ゆかりの旧歩兵第三連隊兵舎が一部分保存されています。

実際見てみて、かなり衝撃をうけました。私が思っていた古典的な日本画では無く、一言で言うなら、斬新で夫が言うように“かっこいい”絵画でした。
まずはエントランスに展示してあったダイナミックで情熱的な三作。

20090122_618468.jpg

『雪・月・花』は強いハッキリとした線に和紙を貼付けてある技法に驚きました。
いきなり刺激的な加山又造の絵に入り込んでしまいました。
説明を読むと、戦後の日本画を代表する「現代日本画家」と書いてありました。

20090122_618480.jpg

『動物たち、あるいは生きる悲しみ』
という章では、抽象画などもありピカソの絵を見てるようでした。
動物の骨組み(又は筋肉の線?)が透けて見えている様な絵や、鹿や狼の絵は食物連鎖を描いているのかなぁと思いました。
食べられる為に生きている動物もいる訳ですよね・・どの動物も悲しそうに描かれていました。
ここで夫の感想。鹿を描いてある絵が多いのを見て「ふむふむ。又造は京都生まれだから、奈良を馬鹿にしているな。その雰囲気が絵から伝わってくる!」と言っていた。(本当かい!)←夫へのツッコミ。

10147299283.jpg


「春秋波濤」「千羽鶴」などを見ていて、特に気になったのは技法です。
金泥銀泥などの伝統と新しい技法。工芸的な技法。
切り箔、砂箔、野毛などを用いている所は筆絵というよりも貼り絵に近い感じがあり、ただの貼り絵ではなく、様々な職人の元で修行し得た日本の伝統技法が使用されていました。
「やっぱりこれは障子やお椀に使われている技法と同じだ!」と確信したのです。
父親が西陣の染織図案家だったことから、日本の伝統的様式美を知り尽くし、独特の装飾性と日本人としての美意識を育み、自らの作品に盛り込んでいった画家です。

bf5ade5be014cf05e9147e8f7a875bd5.jpg


『線描の裸婦たち、永遠のエロティシズム』
私は「木見て森を見ず」な所があります。細かいところばかりを見てしまうので、この婦人がまとっているレースの描き方が気になる。気になる。どうやって細かいレースの編み目ひとつひとつを描いているのか・・。又、バラ柄の薄~い色のバックも気になる気になる。
すご~く薄くバラの絵を一面に描いてあるのです。じっくり見た結果、普通に筆でひとつひとつ描いてあるようでした。
こうゆう気の遠くなるような作業の努力が好きです。
ファッション紙のモデルみたいなポーズだし、肌を焼いているモデルの絵もあったのでモダンでアート的でした。
なんか、見ていてフッと思い出したんですが、松本清張のドラマ「けものみち」で政財界の黒幕鬼頭の家にこれと似たような裸婦が描かれた屏風があった様な気がしました。
違う画家のものかもしれませんが、こうゆう鬼頭の様な人に買われるのかもしれないなぁ~と思いました。
夫は「バラ柄?何処に?見えないなぁ~」と言っていました・・。

ここでの夫の感想は「フジタ(藤田嗣治)とかぶるなぁ~。ある程度自分の描きたいものを極めると裸婦を描きたくなるものなのかね。きっといきなり裸婦じゃ『女好きなんだね。』って思われるだけだけど、芸術家として認められた後なら、『アートだ!斬新だ!』って言われるから、認められたら、『次、裸婦だ!』って所あるよね。」との事でした。(何故か自分画家目線)(笑)
…(((((^_^;)

『花鳥画の世界、いのちのかたち』
では、猫の絵があり、私は猫のかわいさや毛並みの描き方などを見て、「細かい・・」などと思っていたのですが、
ここで、夫の感想。「画家は猫を描きだしたら、次は女を描きたくなるんだ。フジタもそうだったもん。
“猫=わがままで気まま=女=男の好きなもの”って事で、男は猫を女性とだぶらせる傾向がある。」と言っていました。
私が「猫の方が後に描いているんじゃない?」と言うと、製作年月日をしっかりチェックして来た夫が、「いや。猫のが先だ。」と意味深げに言ってました。

左・又造的に写真を撮ってみました。
右・ライトアップされた国立新美術館。ステキ~

P2123701.jpg

すみません。もう「国立新美術館」ではやってません。
高松市美術館にて5月31日まで開催中

テーマ : アートな写真
ジャンル : 写真

     
ブログランキング
押してくれたら
嬉しゅうございます

FC2Blog Ranking

プロフィール

レイコ

Author:レイコ
はーい!もしもし。
「こちらアイパッチ博士ですけど」
なーんつってな!!
世界平和を願う為、ステキな物やバカっつら~な物を見聞きするのが好きなレイコちゃん。
旅行はもちろん!美術館や建物を見学したり、キレイな景色やお花を見たり劇や映画を鑑賞したり・・時にはクラブではじけたり♪
そんな合間に、お家ではお料理をしたりお裁縫をしたりして密かに主婦任務遂行中!

のびないもちはもちじゃね~!
それが、
「OH!スーパーレイコちゃん」


注)ブログタイトルは"OH!スーパーミルクちゃん"からとったものです。自分の事をスーパーと言っている訳ではありませんのであしからず。

リンクフリーだす♬(*=д=)/
コメントもお気軽にしてちょ!

使用カメラは、デジタル一眼レフ「オリンパス・E-510」デジタルカメラ「キャノン・PowerShot G5」


SNS

経県値経県マップ
どれだけ行けるかな?

FC2カウンター
いつも来てくれてありがとう♪
カテゴリー
TwittPet
ただ今のつぶやき 小鳥をクリックしてみよう!

最近のコメント
最近の記事
今日のお天気
アンパンマン
リンク
私のお気に入りブログ!お友だちの素敵なブログです(*゜▽゜)ノ
フェイバリットサイト
レイコちゃんお気に入りのHPやブログです!

milk_20091029204055.gif

LVP_BANA.gif

btn_denki.gif

btn_donguri.gif

enter_03.gif

bana.gif

0tobira1.jpg

dolis_french.jpg

img576のコピー

banner_nara.gif

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。