スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「沈まぬ太陽」

「沈まぬ太陽」をDVDで見ました。
限りなくノンフィクションに近いフィクション。賛否両論あるものの私が好きな山崎豊子作品です。
時代が今と180度違うだけに、ちょっと共感しずらい所もありましたが、そこも多分実際に近い事があったんだろうな~と思うとかなり面白い作品でした。
私は初めてこの話を見ました。勝手なイメージでは、主人公がさぞかし良い人で会社を良くしていこうとして左遷されたのかと思っていたら、組合活動をしていて左遷されたんですね。
組合活動というのがまず今の時代だったら、会社が危ないのに「給料あげろ!」とかって言ってられないし、嫌なら辞めれば?って言われて終わりなので、この時代はある意味幸せな時代だったんだなぁ~とちょっと羨ましい感じ。
会社あっての組合だし会社あっての給料。そして、組合活動に積極的に参加していた人達が次々と人事異動されたり、変な職にまわされたりするって所は、今だったらまじめに働いていたって「辞めて下さい。」と言われる時代だから、(最近そんなニュースやってました。会社更生手続き中の日本航空が250人の整理解雇を決めた。)皮肉な話、まだマシだった様に思う。昭和30年代・・いいなぁ~。給料が毎年あがる時代。クビなんて無いし、努力したらしただけ報われる時代だったんだろうな。
その頃って航空会社って言ったら超エリート。それがまさか・・今こんな風になってしまうなんて、いくら左遷されたって、今よりマシな感じがしました。

そして、いよいよ事件はおこる。ジャンボ機墜落事故。
御巣鷹山の墜落現場や救助シーン、無数の棺が並んだ体育館。実際ニュースで見た映像とそっくりだった様に思うので、とても心の痛くなるシーンです。
恩地さんのまじめでまっすぐな所、心からの謝罪の態度などから、遺族の方々とだんだん距離が縮まり分かり合える様になっていく。こうゆう事があったのかぁ~と感慨深く見る事ができたし、飛行機って落ちたら確実に死ぬからそこに勤務する人達って本当に大変だと思いました。(もちろんパイロットや客室乗務員はそうですけど、整備士や上層部の乗らない職員の人達も。)それだけに、いい加減な仕事をしないでほしいし優秀な人達を雇ってほしい。
大変な仕事だからこそ、給料あげろ!という気持ちは分かるが、実際幾らが相場なのか分からないから何とも言えない。あの時代は何処の会社も上向きにあり、組合活動なんかも盛んだったんだろう。
今、現在の給料はどうなんだろうか?航空会社に限らず、それぞれの力に応じた額を支払ってほしいと思う。一生懸命働いている人達を平等に扱ってほしい。入社した時代が違うばかりに正社員になれず、ずっと時給で働かせるとか、責任ある仕事をその責任をおえない様な立場の人にやらせるとか・・誰が悪いのか分からないが、全く不条理な世の中だ。確か、前ニュースで客室乗務員を派遣にすると言っていたけど、何それ~!と思ったのを思い出した。

しかし航空会社もかわいそうに思う。地方に意味の無い空港ばかり作るから、その為に犠牲になってしまった様なもの。地方空港どうにかならないものか・・
小説だとかなり長い話なので映画にするには無理がある様にも思えましたが、私は読んでないので分かりませんが、ちゃんと読んだ人から見るとどうだったのか気になりました。

最後に関係無いですが、夫が渡辺謙を見て「どう見てもレイコちゃんのお父さんに見える。」と言っていました。

2009112821274477c.jpg



photo_2.jpg

※ストーリー
昭和30年代―。恩地 元(渡辺 謙)は、巨大企業・国民航空で労働組合委員長を務めていた。職場環境の改善のため会社側と闘った結果、恩地を待っていたのは懲罰人事ともいうべき海外赴任だった。追い打ちをかけるように、本社とケニア政府との航空交渉が打ち切られ、任地での役割すら失った恩地。焦燥感と孤独に耐えながら、恩地はただサバンナの大地に沈みゆく太陽を見つめていた。恩地が海外勤務に就いてから10年の歳月が流れた。ようやく本社への復帰を果たした恩地だが、決して彼への風当たりがよくなったわけではない。国民航空が引き起こした、御巣鷹山での航空史上最大のジャンボ機墜落事故。会社側はその管理責任を問われ、直ちに、恩地を含めた救援部隊が編制され現地へと送り込まれた。内閣総理大臣、利根川泰司(加藤 剛)のもと、日本政府は国民航空の建て直しを図るべく、新たな指導者の人選を急いでいた。その結果、関西紡績での労務対策の実績を買われた国見正之(石坂浩二)に、会長職への就任を要請する。恩地は国見と共に、国民航空の再スタートのため立ち上がった。
しかしそれは、巨大企業のゆくすえばかりか、政界をも巻き込む、終わりなき暗闘の始まりだった……。
スポンサーサイト

テーマ : 私が観た映画&DVD
ジャンル : 映画

アルミパックご飯

本日は給食の話題。
前々からたまに書いてますが、夫は石川県民。私は静岡県民です。
静岡と石川は地理的に行きにくく、けっこうな大回りをしないといけない為か、色々な県民の人が来ている静岡県に居た時も「石川県民です!」という人に会った事がありません。おそらく石川県でもそうだろうと思われる。(私自身も特別交友関係が広い訳でも無いのが原因かもしれませんが・・)
だから「ケンミンSHOW」などを見ていると分かり合えない事がけっこうある。(ケンミンSHOWはそうゆう番組ですめどね。)(o´艸`)ウフ

特に分かり合えないと言うか、全く違うのが給食です。
この間もケンミンSHOWで給食についてやっていて、その時は別に石川県とか静岡県とか関係無かったのですが、私が何の気なしに「アルミパックのご飯懐かしいよね。」と言った為、問題勃発
夫「何それ?」
私「ご飯だよ。給食の。給食のご飯覚えてない?」
夫「うーん・・分かんない。特に記憶に無い。」
まあ、地域によって色々だとは思っていたのできっとアルミパックご飯では無かったんだろうな~と思いアルミパックご飯の説明をする。(注・アルミパックご飯って名前であっているか不明です。)
説明しよう縦10cm横20cm高さ10cmくらいの長方形の箱形で、アルミ素材の箱にご飯が入っている。ふたもついている。よく直接火にかけるタイプのうどんの容器みたいな感じ。作り方は知らないがその中に米を入れてそのまま炊いているらしく周りの米はうっすらと茶色くなっている。
と、まあこんな感じの物で私が子供の頃の給食ご飯はアルミパックご飯でした。ただ、今考えると全然エコじゃないので(使用済みの容器が大量に出る)今現在は違うと思うという事も伝えました。
しかし、夫に何度口で説明しても分かってもらえないどころか、「そんな物ある訳ない!そんなひとつひとつの箱にいちいち米を入れて炊くなんて非効率な物がある訳ない。沢山作らないといけないのにどれだけ時間かかるんだ?!それにそんな物で米は炊けない。始めから生米を炊くんじゃなくて、そのアルミの容器によそっているだけだ!」
と、言い返されたので、ネットで検索する事に。検索中も「そんな物出てくるはずが無い!」と言っていたけど、今現在もアルミパックご飯で給食を出している静岡県の学校のホームページを発見!写真もバッチリ載ってました。

それが、こちらの写真↓
写真・左 これがアルミパックご飯!!
写真・右 ふたを閉めるとこんな感じ。

kyuusyoku222.jpg


写真・左 こちらが「ケンミンSHOW」でも話題になっていたさくらご飯。
写真・右 ついでに、こちらがソフト麺。

kyuusyoku306.jpg


この写真を見て、やっと納得してもらえました。いや~、今やネットがあって本当に良かった。無かったらそのまま"何とぼけた事言ってんの"扱いされて終わっちゃう所でした。
汚名返上です
見ての夫の感想ですが、「そんな物初めて見た。静岡県ってお米無い県なの?なんとなく米の少ない県がやりそう。」と言っていました。確かに北陸に比べれば米の生産量は少ないと思います。だってもともと米って寒い地方じゃないと美味しくできないって聞いた事あるし、美味しい米ができないから静岡県は昔は日本酒も無かったって聞きました。
まあ、それは解決したから良いとして、以前も冷凍みかんが給食に出ていた話も信じてもらえず、ソフト麺も信じてもらえず、イルカの肉も信じてもらえず、土地が違うんだからそうゆう事もあるよねって思ってくれても良いのに・・・悲しい思いを何度かしました。ちなみにソフト麺とは給食によく出ていて、うどんみたいな麺が袋に入っている物で、ミートソースやカレーなどに入れて食べた人気メニューです。(上の写真参照)冷凍みかんはみかんを凍らせてあるだけなんですけど、これも夏場の給食のデザートによく出ていました。昔はイルカの肉も給食や家でよく出ていた。
後、給食の牛乳パックって飲み終わった後たたんで捨ててましたよね?私が行っていた学校では小・中ともにたたんで捨てていて、それをいかに早くたたむかって競っていたんですけど、夫は「たたんだ覚えなんて無い。そのまま捨ててた。」と言っていました。そのまま捨てたら量が多いのにがさばってしょうがないですよね~。

給食以外でも方言問題ってのもあります。たいていの場合夫は方言を方言と思っていない事が多く「これは標準語だ!」と言い張り、ネットで調べて判明する事が多いです。例えば、『あこ』とよく言っていて「『あこ』って何?」と聞いたら、
夫「はぁ~!?『あこ』も知らないの?『あこ』知らない人なんて初めて会った!」と散々バカにされ、
私「『あそこ』の事かな?」
夫「違うよ『あそこ』と『あこ』は違う意味。」
私「他に言っている人聞いた事無いから方言だと思うよ。」と言っても違うの一点張り。ネットで検索したら、「北陸地方(富山)の方言。あそこの事。」とはっきり書いてあり私の物を知らない人という汚名も晴らせました。
夫は「○○さんも○○さんも皆言ってるのに・・」←東京に出てきている地元の友達。(笑)と言ってショックをうけていました。
ネットサイコー
いや~本当に便利な世の中になりましたな。
最後に給食大好きでした。もともと好き嫌いが無いってのもあると思うのですが、給食の時間が楽しみで楽しみで。(*´∀`*)クスクス

病院(産婦人科)での出会い

今日は、病院で出会った人達の事を書こうかな。
同じ時期に赤ちゃんを生んだ人とは自然と知り合いになるのですが、色々な人が居たのでその事を書きたいと思います。

普通、陣痛がきたら陣痛室に移動するのですが、私は陣痛がきてなかったけど、陣痛促進剤の点滴をやる場合は陣痛室でやると決まっているので陣痛室にて点滴をうけていました。陣痛室はカーテンで仕切られている為隣の人の声が聞こえるのですが、隣も私と出産予定日が同じで陣痛がこない為同じ陣痛促進剤の点滴をしている様子。けれど、彼女の痛がり方が尋常では無く、泣き叫ぶ様な状態。母親と旦那さんが付き添っていたのですが、ついには母親が「こんなに痛がっているんだから止めさせて下さい!」と言い出す。
私はまだ痛くない為、聞いてるだけで恐いので、夫に耳栓を買ってきてもらい耳栓をしてました。
結局その彼女は痛みに耐えきれないと先生に抗議の結果、無痛分娩か帝王切開の選択を迫られ、陣痛促進剤もやりながらなので、体に負担になるとの説明後、無痛分娩になりました。
って言うか、「は~!?この病院、無痛分娩なんてやってるの?」とびっくり、病院主催のマタニティーヨガや母親学級では無痛分娩は良くないって言っていたので、(断言していた訳では無いが、そんな様な事を言っていた。)てっきりこの病院ではやっていないのかと思っていました。
終わってからどうだったか聞いてみたら、背中に入れる麻酔の注射がむちゃくちゃ痛かったのと、それが生んだ後もずっと痛くて仰向けに寝れないと言っていました。
結局は何しても痛いんだな・・(苦笑)

さて、いよいよ私も本格的な10分間隔の陣痛に入った日、陣痛室に行ったら、中国人妊婦の方が先に居ました。母親と旦那さんと居て、どうやら大量に破水をしたので来たらしく陣痛促進剤の点滴をしてました。陣痛室は前回の件もあり、なんとなく「誰かいてうるさいと嫌だなぁ~」というのと、その時は点滴はしてなかったので、しばらく部屋に居ますと言って部屋で陣痛を逃していました。(まだそれほど痛くなかった為)
夜中になり一応動ける時期に移動した方が良いと言われ陣痛室に移動しました。となりの中国の方は朝方からけっこう痛がり出して、「死にたい・・辛い・・」という言葉が聞こえてきました。私もその日の昼に生んだので10時頃からはかなり辛かったのですが、私が陣痛室に移動するくらいに隣から先生の声が聞こえ「陣痛まだきてないね・・だから帝王切開にしましょう。」
『え~~!!??まだきてないの!?』と陣痛と戦いながらも突っ込まずにはいられませんでした。夫は声に出して突っ込んでました。「は~!?隣まだ、陣痛きてないってよ。」
後日言っていましたが、破水の場合何時間以内に生まないといけないと決まっているらしく、その時間が過ぎると帝王切開になっちゃうんだって。
その中国の方はかなりのお金持ちらしく、母親はシャネルの服を着ていて本人も持っている物が高いブランド物が多く個室に入院していました。(個室は一日あたり数万円かかる。)顔も色々いじっているらしく、中国のお金持ちは凄いって聞きますが、何の仕事か分からないけど日本に来ている人はけっこうなお金持ちなんですね。
しかし同じ日に生まれたという事で、その後、本人も含め母親や旦那さんもよく話しかけてくれ、今書いた様な話も分かったという訳です。

またある人は、陣痛がきたので病院に来てみたら、陣痛はまだあさかったのですが、赤ちゃんの心音が弱っていると言われ、そのまま入院。「出産日より10日前から入院しちゃったから費用が心配・・」と言ってました。
またある人は、上に子供が二人いる為計画分娩を申し込んで、陣痛促進剤で生んだとか。その人の話では陣痛促進剤を使用した今回の分娩が一番痛かったし辛かったとの事。先生に「やっぱりやめます!」と言ったけど、「もう、遅いよ。」と言われたとか。(笑) その人は分娩の時軽いパニックになって色々先生に叫んだと言ってました。
例えば、先生が「胸に手置いて」本人「何で~!何で~!」とか。
二人目出産で落ち着いている人は、胎児が旋回しているのが分かったと言っている人もいました。

またある人は、赤ちゃんが4kgあるのと40代なので帝王切開で生んだとか、またある人は身長が低いのと骨盤が狭いので帝王切開で生んだとか、またある人は、妊娠中、「胎児の首に浮腫がある様な・・?」と言われ大学病院を紹介され詳しい検査を受けたけど大丈夫だったとか、またある人は、妊娠中、胎児の頭が大きい(水頭症かも?)と言われ大学病院に行ったけど、大丈夫だったとか・・

は~・・色々な事があるんだなぁ~と思ったのと、先生ってあの短い時間に色々な事をちゃんと検査しているんだという事が分かりました。とにかく混んでいる病院の為、10時に予約とっても呼ばれるのが12時って事もよくありました。だから、先生がなんとなく焦っている様子でちゃんと見てるの?って感じだったから。

生まれた後は後で、黄疸がひどくて退院できない子や、熱があると言って救急車で小児科に運ばれて行ってしまう子もいて、「え~~!!私の赤ちゃんは大丈夫かな?」と退院の日まではドキドキしてました。見た目は皆元気そうに見えるんですけどね。そうなると母親は皆心配で落ち込んだり泣いたりしていましたが、そうゆう人達を見て二人目出産の人は「しばらく病院に入院していてくれた方が楽で良いのに、何であんなに落ち込んでるんだろ?」と言っているのを聞いて、そりゃ病状が改善したりたいした事なければ良いけど、もし悪化したり重病になる可能性もあるんだから心配するだろ普通。と思いましたが、やはり、一人目と二人目では感じ方が違うんだな~と思いました。
入院中にマタニティーブルーになる人もいて、色々な事が引きがねになるみたいです。
まとめとしては出産は大変だという事で・・、書いてみたら切りがないのでこの辺で終わります。

《今日の写真も9月頃に撮ったものです》
写真・左 眠いのか・・?けっこう天井見てボーっとしている時があります。
写真・右 ヒポポタマスベビー服

P9188283.jpg


写真・左 寝ている時は万歳してます。
写真・右 これぞアヒル口。

ST330370.jpg

テーマ : 子供
ジャンル : 写真

病院(産婦人科)のスケジュール

お久しぶりです。(。-д-。)ゞ イヤァ…気づいたら、暫くアップしてなかったよ!!
今更ですが、記録として残す意味でも病院での出来事やスケジュールなどを書きたいと思います。

【分娩出産の場合】
分娩当日 分娩後6~8時間でトイレ歩行の指示(消毒などの指示)
1日目 内診、おっぱいの手当 新生児への接し方(授乳、オムツ交換、コミュニケーション)
2日目 授乳開始 7:00 10:00 13:00 16:00 19:00 22:30 2:30
    午前→シャワー、内診、沐浴指導 午後→新生児の育て方、調乳指導
3日目 午前→シャワー、内診、午後→産後の生活
4日目 午後→内診、退院指導
5日目 午前→シャワー、退院診察(尿検査、体重測定有り) アンケート回収
6日目 会計、写真撮影、退院

このスケジュールを見ても分かる様に、出産後ってただ寝ていれば良いと思っていたのですが、意外と忙しい。夜中の授乳は希望者だけだったので休めたのですが、慣れない授乳の為けっこう時間がかる。赤ちゃんも初めてなので吸う力がまだ弱く慣れていない。母親も上手く誘導できず、色々と指導を受けながらあげました。おっぱいもはりすぎて困る人もいれば出ないで困る人もいるし、乳首が切れたり引っ込んでいたりして、ほとんどの人が何らかのトラブルを抱えていて四苦八苦。色々な付け乳首を試してみたり、抱き方を変えてみたり、おっぱいをマッサージしたり、絞ったり、冷やしたり、暖めたり・・etc 人によって問題は様々。
赤ちゃんの性格も色々で、寝ていて飲まない子。泣く子。暴れる子。ボーっとしてる子。色々な赤ちゃんの様子を見て本当に個性って生まれつきあるんだなぁ~と思いました。
私の場合は片方の乳首があまり出てなくて、吸いにくい様子。数日後には赤ちゃんなりに「こちらの乳首は吸いにくい。」と覚えたらしく、ギャーギャー泣いて断固拒否。なんていう学習能力だ・・
母乳をあげる前と後に体重測定をして母乳をどれだけ飲んだか測ってから、不足分をミルクをあげるのですが、体重を測っていると、「次はミルクかなぁ~?」というさっきのギャン泣きは何処へやら、落ち着いた表情で待つ始末。トホホ・・
しかし、そんなミルク好きの瑠衣くんも最近は母乳の方が良くなったらしく、ミルクの瓶を見ただけでも嫌な顔をする様になってしまいました。「アイツはただの瓶だ!だまされるなっ!」(瑠衣くん心の声)と、いった所でしょうか。(笑) けど、母乳だけでは量が明らかに足りないので、一応ミルクもだましだましあげています。
助産師さんが言ってましたが、たった一週間や十日しか居なくても、生まれた日の子と七日後の子では全然違う。一日一日しっかりしてきて、「もうだまされません!」っていう顔をしていると言っていました。

それと「沐浴指導」「新生児の育て方」「調乳指導」「産後の生活指導」「退院指導」など色々な勉強会があり、入院中ってこんなに忙しいんだぁ~と驚きました。
すでに母親になっている人達は皆こんな経験してきたんだなぁ~と今更ながらしみじみ尊敬。

後、産婦人科って赤ちゃんが生まれる所ってイメージが強く病院でも幸せな場所って思っていたのですが、実際は流産の人や色々な婦人病の手術の人もかなり多く入院していて、辛い実情も知りました。けど、病気が良くなったりするのはある意味医療の進歩で良い事ですね。

私が行っていた病院ですが、家から徒歩5分の場所にある為、たまたまそこに決めたのですが、市内の産婦人科では一番有名な病院だったらしく、もともと分娩ができる産婦人科は数が少ない為、分娩となると皆その病院に集まるみたいです。だからとても混んでいるんです。特に今年は多いみたいで、新生児が10人前後は常にいるらしい。確かに知り合いでも、今年出産という人多し。

こんなニュースを昨日見た↓
-出生率底上げ、団塊ジュニア牽引役-
年代別の出生率を過去最低だった05年と比べると、25~29歳は1.04倍にとどまる一方で、35~39歳は1.2倍、30~34歳は1.1倍で、団塊ジュニア(71~74年生まれ)を含む30代が出生率底上げの中心的役割を担っている。結婚や出産に関する社会の感覚は変わりつつある。団塊ジュニアは今年、35~38歳だ。20~30歳代の俳優や歌手、モデルが出産後も変わらない人気を集め、自らの子育てを積極的に話題にするタレントが増えている。都道府県別では、最も高いのは沖縄1.78、宮崎1.60、鹿児島1.59と続いた。最も低いのは東京1.09、次いで北海道1.20、奈良と京都が1,22だった。

はぁ~!?そうなの??団塊ジュニアに思いっきり当てはまっている・・
確かに、ここ数年芸能人の出産も多いですね。

《写真は9月に撮ったもの》
写真・左 夫の膝の上で気持ち良さそうに眠ってます。ネム~\(*´ε`*)/
写真・右 癒されるお大仏顔。クスッ(o´ー`)。+゚

P9098182.jpg


写真・左 手と後をシュッシュッと動かす時期。
写真・右 左写真と同じポーズですね・・癖があるのかな。

P9248311.jpg

テーマ : 子供
ジャンル : 写真

     
ブログランキング
押してくれたら
嬉しゅうございます

FC2Blog Ranking

プロフィール

レイコ

Author:レイコ
はーい!もしもし。
「こちらアイパッチ博士ですけど」
なーんつってな!!
世界平和を願う為、ステキな物やバカっつら~な物を見聞きするのが好きなレイコちゃん。
旅行はもちろん!美術館や建物を見学したり、キレイな景色やお花を見たり劇や映画を鑑賞したり・・時にはクラブではじけたり♪
そんな合間に、お家ではお料理をしたりお裁縫をしたりして密かに主婦任務遂行中!

のびないもちはもちじゃね~!
それが、
「OH!スーパーレイコちゃん」


注)ブログタイトルは"OH!スーパーミルクちゃん"からとったものです。自分の事をスーパーと言っている訳ではありませんのであしからず。

リンクフリーだす♬(*=д=)/
コメントもお気軽にしてちょ!

使用カメラは、デジタル一眼レフ「オリンパス・E-510」デジタルカメラ「キャノン・PowerShot G5」


SNS

経県値経県マップ
どれだけ行けるかな?

FC2カウンター
いつも来てくれてありがとう♪
カテゴリー
TwittPet
ただ今のつぶやき 小鳥をクリックしてみよう!

最近のコメント
最近の記事
今日のお天気
アンパンマン
リンク
私のお気に入りブログ!お友だちの素敵なブログです(*゜▽゜)ノ
フェイバリットサイト
レイコちゃんお気に入りのHPやブログです!

milk_20091029204055.gif

LVP_BANA.gif

btn_denki.gif

btn_donguri.gif

enter_03.gif

bana.gif

0tobira1.jpg

dolis_french.jpg

img576のコピー

banner_nara.gif

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。