スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bunkamura「ルノワール+ルノワール展」

2月11日にBunkamura「ルノワール+ルノワール展」に行ってきました。

何故「ルノワール+ルノワール展」なのかと言うと、画家ピエール=オーギュスト・ルノワール(1841年-1919年)と、その息子で映画監督のジャン・ルノワール(1894年-1979年)の作品を一緒に見ていこうという展覧会。
父の絵画と息子の映画を同時に紹介するという斬新な展示でした。

実は私、映画監督ジャン・ルノワールの事をあまり知りませんでした。
なんとなく聞いた事がある・・程度でしょうか。

ちょうど2月11日のお昼頃からテレビでルノワール+ルノワール~2人の天才が愛した女性~という番組をやっていたので、それを見てから出かける事にしました。
でも、最後まで見たら遅くなってしまうと思い、途中まで見て文化村に出かけてしまった為オチが分からない・・(;^_^A
今、思えば録画しておけば良かったって言ってももう遅い・・


私の感想としては、息子ジャン・ルノワールは親の七光りといった所でしょうか(←失礼ですよ!)(^▽^;)

人間って生まれた場所の環境ってその後の人生に大きく左右すると思うんです。
芸術家の家に生まれるという事は、それだけで、芸術家になる可能性がぐぐっと上がる訳ですから。
後、父親のモデルを息子が好きになってしまうのは、若くて歳も近いし、毎日出入りする訳だから分かる気がしました。
ただ、あまり良い女性ではなかった様なので、なんとなく残念です。

→こちらの
木漏れ日の感じの表現が凄い!
光の暖かさが伝わってきます。



「フレンチカンカン」などの映画は実際もムーランルージュはこんな感じだったんだろうなぁ~と思わせるとっても生き生きした映像。

ムーランルージュが流行っていた頃ってロートレックとかもいた時代だから、きっと印象派をバカにしていたロートレックとすれ違っていたのかもしれない。
仲は悪いだろうから、お互い認め合ってはいないだろうけど・・(*≧m≦*)ププッ
そんな時代背景も伺えて面白かった。(ちゃんと調べた訳ではない。私の勝手な想像ですが・・)


そして、ピエール=オーギュスト・ルノワールの絵画ですが、実物はやはり見応えがあります。
あたり前ですが、画集やポスターなどで見る感じとは全然違う
細かい筆遣いや大胆なナイフの使い方、構図や色彩のバランスなど、感心しきりでした。
色の美しさが特に凄いと思いました。
遠くから見たら青い服の色も、その青の中には紫やピンクや黄緑や白や色々な色が入っていて、よく美術の先生から何十回も聞いている手法ですが、こうゆう実物の作品を見ると「こうゆう風に塗るんだ~」と一目で理解できてしまいますね。

子どもの頃、青い空を青一色でぬってしまう私に「青の中には色々な色が入っているんだよ」と言ってパレットに全部の色を出させ、「これを使って青を表現しなさい」と言った先生の言葉が蘇ってきました。
私には青以外に他の色が見えなかったので「青にしか見えない」と先生に言ったら、「青い物を見たままの色で塗ったら写真と同じ、心の目で見なさい」と言われたのを思い出しました。
同じ物を見て書いても十人十色の絵が出来上がるのは、みんな心が違うからでしょうね。


後、ルノアールはパリの印象派として生きている頃から珍しく認められていただけあって、教科書に載る様な優等生的で見ていて美しく安心感を与える絵だなぁ~と思いました。
後、文化村ミュージアムにはステキなグッズが売られているので、グッズコーナーも大好きです。
買わなかったけど、ここでもじっくり色々な物を鑑賞しちゃいました。今回のグッズはこんな感じです。ルノワールリカちゃん・一澤帆布トートバッグ・プラス箸置きなど・・
けっこうかわいい感じの物があったよ。
スポンサーサイト

テーマ : 絵画・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

     

コメント

面白そうな企画展ですね(*'-'*)
5月までやっているようだし、実家に帰った時に行ってみよう♪

レイコさんの美術の先生、素敵な方ですね。
私も空は青一色派なのですが、こんな先生がいたら少しは心を絵に描けたかしら?
なんて思ってしまいました。

私もこの番組見てました
サウナの中で、、、、

サウナに出入りしながら見たので
断片的な記憶でしかありませんが

デデ(画家ルノワールが最後に愛した女性、「浴女たち」のモデル)とジャンは父親の死後結婚、

彼女を銀幕のスターとするため、父親の絵を売ってまで彼女の気持ちを繋ぐために映画作りを行ったジャン

しかし、トーキー映画の登場と共にデデは映画の製作者たちから出演を拒否され映画の世界から姿を消す

そして、離婚

そんな流れだったような、、、、(ゴメンナサイ、見ていらしたら余計なお世話で)

毎日毎日その日のことだけで精一杯
絵やお芝居や音楽なんか全く縁遠い生活をしている私ですが

やはり、芸術に触れる機会は必要と感じますね

昔付き合っていた女性が絵画が好きで
よく一緒に行った事を思い出します

昔の話です


けっこう

いいですよ。ジャン・ルノアールの映画。好みはあると思いますが、僕は名監督だと思っています。「フレンチカンカン」もそうですが、「黄金の馬車」とか「大いなる幻影」とかビデオを持ってます。個人的には傑作だと思っています。別にREIKOさんを批判しているわけじゃないですよ。映画なんて、しょせん人それぞれですから。昔、レンタルでダビングしました。ゴダールとかヴィスコンティとか、けっこう影響を受けてると思います。無論父は偉大ですね。僕も実物を見たことがありましたが、何とも言えないですね。今展覧会をしてるのは知りませんでした。行ってみようかな?

>micanko さん

micanko さんの実家は都内なんですね!
都会っ子ですね~!

子どもの才能の引き出し方って難しいですよね。
指導する先生も大変ですが、良い先生に出会うってのも難しいですよね。



>Shin7777 さん

そうだったんですか~!!
最後まで見て無かったので、内容が分かって良かったです。(´▽`)
本当にありがとうございました。

デデは実際はジャンの事を愛していなかったのに、名のあるルノアール家を利用したという事なんですよね。悲しいなぁ・・

美術館デートですねv-344
彼女とのステキな想い出ですね。



>REDTAO さん

私も絵とのコラボとして見ただけなので、全編をじっくり見てないんですよ。
映画も上映していて東急文化村ル・シネマで上映してるそうです。
見に行きたいけど時間がなかなか・・・(;^_^A

展示の方なんですが、父親の書いた絵を素にしてほとんどの映画を作っているんです。
同じ様な構図やシーンが映画に出てきます。
後、それぞれ映画の持っているカラーってあるじゃないですか?それが絵の雰囲気と一緒なんですよ。

後、ビスコンティって家の母親が凄い好きなんです。
ただ長そうなので、私はまだ見ていないです。

遅ればせのコメントですがm(__)m

素敵な展覧会評ですね。じっくり復習しました。
ルノワールの絵はどの作品もほっとするような暖かさを感じますよね。人柄なんでしょうか。女性に対する視線もとてもあたたかい気がします。

モディリアーニが始まったので行きたいと思ってま~す。またブログネタ?(爆)v-355

>もうやださん

そうなんですよね~!
本当に暖かくてほっとする絵が多いです。
そして、女性がとってもかわいらしく描かれてますよね!
見た後、和む感じがしました。

モディリアーニ展私も興味あります。
ブログネタ・・(笑)(ノ゜ο゜)ノ
でも、ただ見て終るだけじゃなく、こうやって日記みたいに書き留めておく事で、感想や記録のレポートになって思い出として残るのでいいですよね。
Secre

     
ブログランキング
押してくれたら
嬉しゅうございます

FC2Blog Ranking

プロフィール

レイコ

Author:レイコ
はーい!もしもし。
「こちらアイパッチ博士ですけど」
なーんつってな!!
世界平和を願う為、ステキな物やバカっつら~な物を見聞きするのが好きなレイコちゃん。
旅行はもちろん!美術館や建物を見学したり、キレイな景色やお花を見たり劇や映画を鑑賞したり・・時にはクラブではじけたり♪
そんな合間に、お家ではお料理をしたりお裁縫をしたりして密かに主婦任務遂行中!

のびないもちはもちじゃね~!
それが、
「OH!スーパーレイコちゃん」


注)ブログタイトルは"OH!スーパーミルクちゃん"からとったものです。自分の事をスーパーと言っている訳ではありませんのであしからず。

リンクフリーだす♬(*=д=)/
コメントもお気軽にしてちょ!

使用カメラは、デジタル一眼レフ「オリンパス・E-510」デジタルカメラ「キャノン・PowerShot G5」


SNS

経県値経県マップ
どれだけ行けるかな?

FC2カウンター
いつも来てくれてありがとう♪
カテゴリー
TwittPet
ただ今のつぶやき 小鳥をクリックしてみよう!

最近のコメント
最近の記事
今日のお天気
アンパンマン
リンク
私のお気に入りブログ!お友だちの素敵なブログです(*゜▽゜)ノ
フェイバリットサイト
レイコちゃんお気に入りのHPやブログです!

milk_20091029204055.gif

LVP_BANA.gif

btn_denki.gif

btn_donguri.gif

enter_03.gif

bana.gif

0tobira1.jpg

dolis_french.jpg

img576のコピー

banner_nara.gif

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。