スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帝国劇場「細雪」

「細雪」を帝国劇場に見に行って来ました。

何故「細雪」を見ようと思ったのかというと、夫が最近「谷崎潤一郎」の本に凝っていて、古本屋で買って来ては色々な作品を読んでいます。
丁度今劇場で「細雪」がやっていると知り、実際に見てみたいと思い行って来ました。

P6151882.jpg


その事を家の母に言ったら、「え~!今更そんな古い本読んでるの?」ってびっくりしてましたが、たぶん年配の方は「昔の作家だし、何故今頃?」って思うんでしょうね。
年配者には知らない人はいない有名な作品らしいのですが、夫も私も最近知りまして、今頃ハマっているのです。(笑)
でも、昔の作品にも谷崎潤一郎に限らず、とても良いものがありますよね。
最先端の作品はなんか原色の作品ってイメージですが、昔の作品はモノクローム。昔の空気が伝わってきてそれなりに楽しいものです。
最近の内容では無いので確かに「ん・・?」って思うギャップがありますが、それもまた魅力のひとつ。

この「細雪」の舞台は徳川時代からの木綿問屋の老舗商店。
超お金持ちの家なんですが、お金持ちって世の中で起こっている戦争とか一般人の生活って何も分かって無いし知らなかったんですね~。
外では戦争の防火訓練が行われている時に、「何事ですかね~?」ってのんきな感じ。
「ウウゥゥ~」って出兵式が行われている時も、「何をしているんでしょうね~?」って、全く世間ずれしています。

この世間ずれは四姉妹だけなんですが、(ご主人は商売もしてるし世間の事も分かっている様子)これでは何かあった時、女は黙ってろって言われてもしかたない・・もちろん奥様方のプライドや地位も高いので、この家ではそんな事言われません。
戦争の事より商売の事より着物の帯の柄が気になっているのです。

私は一般人ですがたまにエステに行くと、ジャグジーなどで話しているお金持ち親子の会話も超世間ずれしていて、話すテンポも遅くてイライラします。
ブランド物の新作がどうのこうのとか・・
お金持ちって世間の事はどうでもいいんだなぁ~って思ったりします。
それよりも、世間体や自分の身の回りの事だけが気になる様です。
でも、そんなに昔の話ではないので、ちょっと納得できる内容でもありました。
いわゆるお金持ち一家が時代に翻弄され、だんだん世の中が変わってきているので、ついて行けずに落ちていく話。
これは四姉妹が主人公の話です。家柄を気にし姉妹が順番に嫁に行かないと変だと色々うるさい長女とか・・、それに反発する末っ子が家を飛び出したり・・そうゆう内容。
けっこうお硬い家柄だったら、こうゆう家って今でもありそうですよね?
ちょっと前ならけっこうありますよ。

P6151878.jpg


↑二階席からの眺め

この作品では沢山の豪華な着物が出て来ます。
衣装を見るのもこの作品の醍醐味の一つ。
虫干しするシーンがあるんですが、お屋敷の前にずら~っと並んだ豪華な着物の数々は必見です。出演者の方が着ている着物は本当に素敵でした。
そして、四季を大切にする生活。恒例の行事は京都の花見、夏の蛍狩り、箕面の紅葉。
昔の人はこうやって四季感じとって楽しんでいたんですよね。
名家でゆとりがあるからこそなんですが。

三女・雪子の返事の仕方ってのが面白かったので私も勝手に真似をしてます。
ごまかす時や都合の悪い時など「ふ~ん」と言うのです。
何を言っても返事は「ふん」なので、始めは「なんじゃこいつ?」ってイラっとしますが、見てるうちにだんだんこうゆうのもありか・・って納得してしまいました。

いわゆる元祖ぶりっこだと思いました。
雪子は本当は芯が強くしっかりした子なんですが、しおらしくおとなしい様な演技をしているのです。最後幸せをつかめたのも賢いぶりっ子だったからでしょう。

あらすじを知りたい方はこちら→☆あらすじ
あらすじは原作よりは奇麗な作りになっている様です。
もともと3冊もある長い話ですし、その通りにはできないんで原作をベースに劇場用にまとめたって感じなんですが、この華やかな四姉妹の雰囲気にあわせて、かなり可憐な感じの終り方でした。
見に来ているお客様方はやはり年配のおばさま多し、次にはおじさま多し、30代の人っていたかいないか・・・多少いたと思うけど、よく分からないくらいです。

演劇鑑賞の後はベルギービールのお店に行きました。
その話はまた次回に・・いや~演劇ってほんといいもんですね(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 文学・小説
ジャンル : 小説・文学

     

コメント

素敵な時間を過ごされましたね

細雪は今年の1月
博多でも公演されていたようです

(博多にも東京に負けないくらいの
劇場があるのですよ、、、(笑))

かつて
演劇やオペラを見に行っていた頃もありましたが
今ではさっぱり

心に余裕がないのですね、、、

細雪は市川昆の映画でみたことがありますが、四姉妹ってきれいな人を揃えてありますよね。
谷崎潤一郎に凝ってらっしゃるって渋いですよね。名作だと思いますよ。

ところで、高橋惠子50代、中越典子30歳くらいなのですが、原作でもそんなに開きがあるんですか?放浪記を演じる人みたいに実年齢は関係ないのかもしれませんが(^^ゞ

楽しんでこられた由、本当によかったですね~(^_^)/

痴人の愛を読んで谷崎潤一郎に衝撃を受け
読破しようと思いながら、あとは春琴抄しか
読んでない事を思い出しました。
私も落ち着いたらレイコさん夫婦にならって
もう一度読んでみようかな♪
舞台いいですね!
ベルギービールのお店も気になります。

昔、短大が国文科で、近代文学を専攻していたので、谷崎・太宰をよく読みました。
耽美派、イイですよね~♪
舞台だと原作とはまた違って、演出されているので面白そう!

>Shin7777さん

博多でも公演されてたんですね。
博多では、今回のメンバーですか?
有名なロングラン作品ですから色々な場所で長くにわたってやっている様です。
博多は都会ですから、大きい劇場があるの分かります。

オペラですか~・・私はオペラはまだ見に行った事がありません。




>もうやださん

映画もあるんですよね。
会場に売っているのを見かけました。
吉永小百合さんとか出てて、女優さん達が若くてびっくり。

年齢はかなり長いスパンの話なので、どの部分の年齢をとって女優さんを当てはめるか?って難しいですが、実際は全体的にもっと若いはずです。
年齢のひらきもそんなにないと思います。
おそらく10歳くらいだと思います。



>tera さん

谷崎潤一郎は本当に色々な話があって、映画化もされてたりして、びっくりです。
今まで知らなかっただけなのですが・・(笑)
話は色々な方向性のものがあって、読んでて楽しいですね。
「痴人の愛」は夫は読んでナオミに衝撃を受けてました。
私は・・・まだ読んで無いんです。(^▽^;)




>くりちゃん

太宰治は教科書しか知らない・・(笑)
走れメロス(笑)
太宰治ゆかりの宿「安田屋旅館」には泊まった事ある。長岡の。
なかなか良いよね~!

今回見た舞台はなかなか上手くまとまっていたよ。
演出は奇麗過ぎた感じあったけど、それはまたそれで良し。
Secre

     
ブログランキング
押してくれたら
嬉しゅうございます

FC2Blog Ranking

プロフィール

レイコ

Author:レイコ
はーい!もしもし。
「こちらアイパッチ博士ですけど」
なーんつってな!!
世界平和を願う為、ステキな物やバカっつら~な物を見聞きするのが好きなレイコちゃん。
旅行はもちろん!美術館や建物を見学したり、キレイな景色やお花を見たり劇や映画を鑑賞したり・・時にはクラブではじけたり♪
そんな合間に、お家ではお料理をしたりお裁縫をしたりして密かに主婦任務遂行中!

のびないもちはもちじゃね~!
それが、
「OH!スーパーレイコちゃん」


注)ブログタイトルは"OH!スーパーミルクちゃん"からとったものです。自分の事をスーパーと言っている訳ではありませんのであしからず。

リンクフリーだす♬(*=д=)/
コメントもお気軽にしてちょ!

使用カメラは、デジタル一眼レフ「オリンパス・E-510」デジタルカメラ「キャノン・PowerShot G5」


SNS

経県値経県マップ
どれだけ行けるかな?

FC2カウンター
いつも来てくれてありがとう♪
カテゴリー
TwittPet
ただ今のつぶやき 小鳥をクリックしてみよう!

最近のコメント
最近の記事
今日のお天気
アンパンマン
リンク
私のお気に入りブログ!お友だちの素敵なブログです(*゜▽゜)ノ
フェイバリットサイト
レイコちゃんお気に入りのHPやブログです!

milk_20091029204055.gif

LVP_BANA.gif

btn_denki.gif

btn_donguri.gif

enter_03.gif

bana.gif

0tobira1.jpg

dolis_french.jpg

img576のコピー

banner_nara.gif

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。