スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴンゾウ伝説の刑事最終回

ゴンゾウがとうとう最終回をむかえました。
「内野さんが刑事ドラマかぁ~きっと面白い事をやってくれるんじゃないか?」とは思ってましたが、実際どのような仕上がりになるのかは全く想像がつかなくて母親の様にヒヤヒヤして見てました。(内野さんの方が年上なのに・・何故?)(笑)

いやはや・・終ってみて脱帽です。
これまでとは違った刑事ドラマの作り、登場人物が全てにおいて繋がってくる所。
全ての点が線になるという言葉がぴったりですね。(あまり刑事ドラマは見た事がないので偉そうな事は言えませんが)
まさかあのQ太郎までが関係してくるとは!(驚)
例えば、一話完結の「古畑任三郎」の様な作りもそれはそれで面白いと思いますが、それとはまた違った構成で一つの事件で1話から10話まで埋めるというのはよっぽどの事件じゃないと話が続きません。そこの所上手くやったと思います。
1話から9話までの前振りがあったから、事件の重大さがより分かってくるという構成。
そして、ゴンゾウや佐久間(筒井道隆)の過去をさかのぼりそれが事件と繋がってくる所。
普段はボーとして明るいゴンゾウが薬をやたら飲みだした辺りから「おや?」と思いました。
そして佐久間の人間性。始めはゴンゾウに対して恨みのある悪人のように見せておいて、実はそんな事思ってなく母親の看病を献身的にこなす本当にいい人でしたね。(母親が病気のわりに元気で顔色も良く、化粧もバッチリな所が気になりましたが・・)

ただ、最後に分かった犯人の動機が「は??」って感じしました。そんな事で人殺すか?って感じの・・あまりにも接点がなく動機に乏しいからなかなか捕まらなかったんでしょうけど。
でも、よくよく考えてみれば、近年の日本の殺人事件って本当に動機が乏しいですよね。
リストラされたから秋葉原で人を刺したり、怒られたからバスジャックしたり、注意されたから祭りでカマふりまわしたり・・う~ん。人を殺す動機って現実の世界でもたいした意味なんてないんじゃないかと思いました。そう思えば、犯人の動機が変なのも頷ける。
殺人をおこす人って昨日今日に始まった事ではなくて、子供の頃からずーと積み重なっていた心のキズや自分の歪んだ考え方がひきおこすものなんでしょうか?
愛情不足・・ですかね。

最後に犯人乙部とゴンゾウの銃撃戦。首をかすめたといいつつも大量に血が吹き出してましたよね?あれってもう致命傷なんじゃ・・と思って見てましたが、何故か大丈夫。
現実的にはありえないかなぁ~と思ってしまったが、杏子の不思議な力が助けてくれたのでしょうか?
夫の感想としては、「あまりにも繋がり過ぎていて、ちょっと無理矢理感がある。」との事でした。厳しい意見ですが、確かにそんな所もあるかなぁ~と思いました。

1回7月2日 ダメ警官登場 12.5%
2回7月9日 第一容疑者 10.4%
3回7月16日 目撃者ロダン 12.0%
4回7月23日 天使の証明 10.8%
5回7月30日 幻の拳銃 10.3%
6回8月6日 潜入捜査 10.9%
7回8月13日 3年前の真実 6.3%
8回8月27日 鍵を握る女 12.2%
9回9月3日 真犯人 9.6%
最終回 9月10日 夏の終わり 12.4%
ゴンゾウ 平均視聴率:10.74%


この視聴率を見て8月13日「3年前の真実」が6.3%と凄い低い!
「何で?」って思ったら、そう言えばお盆休みで私も清里に行っていました。
旅行中だった為すっかり忘れてしまい、疲れてうとうとしていました。
夫が何気無くテレビをつけたら丁度ゴンゾウが!
「あ~!レイコちゃん!今日ゴンゾウだ!!」と言われ飛び起きたのであります。
いや~危なかった。見逃す所でした。
休み中はいつもの生活と違うから、そんな感じで見逃したお家も多かったんじゃないかと思いました。

このドラマの特徴としては、繋がりがあるので途中から気軽に見れないですね。
それだけ、真剣に見てないと分からなくなる畏れがあるドラマだと感じました。
犯人探しを通してゴンゾウのみならず、一人一人の人間性も深く追求した面白いドラマだったと思います。
※画像は「ゴンゾウ伝説の刑事」HPから拝借
スポンサーサイト

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

     

コメント

面白かったですね!

10回引っ張るためには、おっしゃるようにかなりの工夫が必要だったと思います。2.3.4話あたりのホームレス、拳銃製作者、恋人のエピソードは付け足しかもしれませんけど、でも実際興味深かった(名脇役の起用)です。

佐久間との関わりも、内部情報をもらした犯人ということで、固唾を吞んで展開を見守りましたし、じっくり描かれてた気がしましたね。最終回でのコンサートも警察署の雰囲気があったかく伝わってきてとてもよかったです。犯人の描き方が、もう少し事前に「ちょっと不気味」な雰囲気を出しておくとかの工夫があったら、最後が唐突な気がしなかったかなあという点だけが、ちょっと残念です。
Q太郎が最後につがいになってたのが、うれしかったです!

そう、そう!と言いながらブログ読みました。
いや~かなりおもしろかった。
最近のドラマにはないグッと重い感じ。
しばらく心にひっかかる。
それにしても内野さん素敵だった~
恋人とのエピソードシーン・・・
良かったわぁ。
バオさんの成長も見れてゴンゾウの相槌を
うてて満喫しましたっ☆ポチッとな。

ご旅行の時も見逃さないように
配慮してくださるお優しい旦那様ということが
よくわかります

点が重なりやがて線となるドラマ
まるで松本清張の世界だったのですね

>もうやださん

ドラマフリークのもうやださんが面白かったというって事は良い番組だったって事ですよね。
よかった(*´∇`*)
確かに、じっくり描かれていて見応えがあったなぁ。
最後のコンサートのシーンも感動しました。
Q太郎つがいになっていたのは、ゴンゾウと先生も上手くいきそうでハッピーエンドって事と関係あるような♪
「伝説の刑事」って言ってるから死ぬんじゃないかと思っていたのでステキな終り方で良かったです。





>tera さん

共感ありがとうございます(笑)
そうですよね・・ぐっと重い感じがした珍しいドラマでした。
恋人との年の差が気になりましたが、若い頃に出会ったって事でしかたないですよね。(笑)
本当に内野さんステキでした♪
内野さんを満喫したなぁ(笑)




>Shin7777 さん

夫も楽しみに見ていたので、自分も見逃したくなかったってのでしょう。
でも、気付いてくれて本当に感謝です!

松本清張の「点と線」も見た事あります。
あれも昔の話にしては面白かったです。
ビートたけしがいい味出してました。

最近、1話完結モノが多い中で、久し振りに1つの事件を深く掘り下げた刑事ドラマを見た気がしました。
どのキャストもストーリーにかかせなかったし、演技派のイイ俳優さんばかりで面白かった☆
ゴンゾウが首を撃たれた時は、「死んだ・・・」と思ったんだけど、不死身だったね(笑)
・・・ってか、内野さんカッコイイよ!!

>くりちゃん

そうそう(* ̄m ̄)プッ
ゴンゾウ撃たれた時は本当に死んだと思った。
なのに、最後の方はぴんぴんしてた(笑)
それと、やっぱり演技派ぞろいでしたね。
(^ー^* )フフ♪内野ファンになったかな?
Secre

     
ブログランキング
押してくれたら
嬉しゅうございます

FC2Blog Ranking

プロフィール

レイコ

Author:レイコ
はーい!もしもし。
「こちらアイパッチ博士ですけど」
なーんつってな!!
世界平和を願う為、ステキな物やバカっつら~な物を見聞きするのが好きなレイコちゃん。
旅行はもちろん!美術館や建物を見学したり、キレイな景色やお花を見たり劇や映画を鑑賞したり・・時にはクラブではじけたり♪
そんな合間に、お家ではお料理をしたりお裁縫をしたりして密かに主婦任務遂行中!

のびないもちはもちじゃね~!
それが、
「OH!スーパーレイコちゃん」


注)ブログタイトルは"OH!スーパーミルクちゃん"からとったものです。自分の事をスーパーと言っている訳ではありませんのであしからず。

リンクフリーだす♬(*=д=)/
コメントもお気軽にしてちょ!

使用カメラは、デジタル一眼レフ「オリンパス・E-510」デジタルカメラ「キャノン・PowerShot G5」


SNS

経県値経県マップ
どれだけ行けるかな?

FC2カウンター
いつも来てくれてありがとう♪
カテゴリー
TwittPet
ただ今のつぶやき 小鳥をクリックしてみよう!

最近のコメント
最近の記事
今日のお天気
アンパンマン
リンク
私のお気に入りブログ!お友だちの素敵なブログです(*゜▽゜)ノ
フェイバリットサイト
レイコちゃんお気に入りのHPやブログです!

milk_20091029204055.gif

LVP_BANA.gif

btn_denki.gif

btn_donguri.gif

enter_03.gif

bana.gif

0tobira1.jpg

dolis_french.jpg

img576のコピー

banner_nara.gif

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。