スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サントリー美術館「美しきアジアの玉手箱」

サントリー美術館「美しきアジアの玉手箱」シアトル美術館蔵 日本・東洋美術名品展へ行って来ました。
友達にチケットを2枚頂いたので、夫と二人で出かけたのですが、夫は同時に東京ミッドタウンでやっていた「ドイツビアガーデン」がとっても気になっていた様子。(*´艸`)ププ
その様子はまた次にアップしますね。
さてさて、ビアガーデンが気になる方も多いかと思いますが、本題に入りたいと思います。

今回初めて「サントリー美術館」に行ったのでワクワクしながら展示を見て来ましたどんな雰囲気の美術館なのかにゃ~
なんか、4階の第一展示室と3階の第二展示室に分かれていて先に上の階を見て、次に下に降りて来るという順路で、ここは展示の仕方が上手いと評判の様です。
火事があっても窒素で火を消せるというシステムもあると分かりました。
最新設備の美術館ですね~。(o゚Д゚oノ)ノ

昔の日本人は『歴史のあるものを大切にする』という考えが無かったようで、捨てたり売ったりしてたらしいんですよね。(価値のある美術品や骨董品などの事)
あら~・・もったいないねぇ~ヾ( ̄o ̄; )
それに戦争で燃えちゃったり、個人が持っててどっか行ってしまったり、あまり美術品に関して大切に保管しようという考えが無かった様です。
それを見たコレクターの外人さん達。どんどん買って自分の国の美術館で展示してたって訳。
それに海外の美術館は保存の仕方も良く、大切にとっておいてくれたんだって。
それが今回「シアトル美術館」です。
「腹立つ~!日本の物を持ってて~!」って意見もあるけど、まぁ、結果オーライってとこでしょう
良いんですよ。良いと思った人が大切に保管してくれていれば。
それに海外の人にも日本やアジアの文化を分かってもらえますしね。

P9065155.jpg


「烏図」は本当にびっくりしました。大量の烏が大迫力で描かれています。
印刷では分からないのですが、よ~く見ると、目やくちばし、羽にいたるまで細かく描かれています。実物は思っていたよりかなり大きく、金と黒の対比がとてもステキです。
烏は黒と思っていたのですが、夫がヨーロッパの烏はグレーだったと言っていました。
外人からすると日本の烏は独特のものなんだと思いました。
これが絶賛される意味が分かりました。

写真・左 「烏図」江戸時代
写真・右 「竹に芥子図」狩野重信

o0398018010239034701.jpg


「美しきアジアの玉手箱」って題名にふさわしく「浦島蒔絵手箱」が飾られてました。
浦島太郎が持ち帰ったというきらびやかな玉手箱を見て、「何で亀を助けるという良い行いをしたのに、最後におじいさんにならないといけなかったんだ・・?」という夫の疑問に、「あれは、乙姫様の一人ぼっちの寂しい人生のお話なんじゃないか?」などと浦島談議をしました。

※一説によると、浦島伝説は、異境に遊んだ男が時間に取り残された悲劇を語ったものだが、浦島太郎の御伽草子は、浦島太郎が長生きしたことから、長寿を祝う意味が派生して太郎を鶴に転生させた祝儀性に富む物語に変容したという。

「地獄草紙断簡」これは生前馬をいじめた人が死んでから地獄に落ちて逆に馬にいじめられる。という図なのですが、この時代は肉を食べなかったからこの様な事も納得できますが、今はどうなるんだろ・・?肉屋どうなるんだろ・・?いじめるどころか殺してるし・・食べちゃってる場合もこれと同じ事になるのかな・・?などと、またまた地獄談議に花が咲きました。

写真・左 「浦島蒔絵手箱」鎌倉時代
写真・右 「地獄草紙断簡」平安時代末期~鎌倉時代初期

t02200176_0376030010238686715.jpg


他にも色々貴重な品々がありましたよ!
散逸してしまった「鹿下絵和歌巻」がおよそ60年ぶりの時を経て、可能な限り今回の展覧会で邂逅。これって凄い事らしいです。

【展覧会趣旨】
日本と非常に馴染みが深いワシントン州最大の港湾都市シアトル。シアトル美術館は地質学者にして美術コレクターであったリチャード・E・フラー博士(1897~1976)により1933年に設立され、造形美術の交流と対比をテーマに、東洋美術・西洋美術・アフリカ美術にわたる世界各国の美術品を所蔵しています。

この度、同館が所蔵するコレクションの中より、選りすぐりの優品98件が日本に貸し出されることになりました。アジア美術は、シアトル美術館コレクション形成の端緒であり、今もその中核として重要な位置を占めています。
同館のまとまったコレクションが、アメリカ国外で一堂に公開されるのは世界で初めてのことです。日本美術とならび、シアトル美術館のアジアコレクションにおけるもうひとつの中核を担っているのが中国美術です。全米屈指のコレクションとして知られる陶磁器をはじめ、青銅器、玉器、銀器、漆器など、各時代を代表する工芸の優品が勢ぞろいします。

なんか、大阪のサントリーミュージアム[天保山]が休館するそうですね。
もったいないですね・・。大阪(ざっくり関西圏)に行って思った事は、美術館が空いているって事です。関東はびっくりするくらいいつも混んでるんですけどね。
関西の方!!美術を楽しみましょう

写真・左 ミッドタウンからの眺め(ドイツビアガーデンが開催されてます。)
写真・右 東京ミッドタウン正面より

P9065171.jpg
スポンサーサイト

テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

     

コメント

No title

レイコさん、こんにちは!
いつもありがとうございます。

美術のことはまったく分かりません。
レイコさんは色々精力的にご覧になってるんですね。
しかも、御夫婦でなんて素敵です。

僕も「ドイツビアガーデン」気になります。
ご主人に賛成!!

No title

へぇ~、最近の美術館はスゴイですね!
>火事があっても窒素で火を消せるというシステム
まさに最新設備の美術館ですね☆
「浦島太郎」や「地獄草紙断簡」の話、面白いですね。
勉強になりました。
レイコさんご夫婦、仲が良いですね~。
ウチもお手本にさせて頂きま~す☆

コメントありがとう♪

>ウルル店長さん

こんにちは。
こちらこそ!!
とりあえず見るって感じです。
ものになっているのか分かりません・・(笑)
夫も好きなので一緒に行きます。

ビアガーデン記事アップしたので見て下さい。
主人も喜びます。


>ウエチナさん

窒素なら美術品に水がかからなくて痛みませんものね。
考えましたね!最小限に被害を停めるシステムですね。
人がいたらダメですけど。

よく休みには一緒に何かを見に行きます。
まあ、友達みたいな感じです。
ウエチナさんも是非奥様と一緒に行かれてみては?

No title

 サントリー美術館へは、行きそびれてしまいましたので、レポとても楽しく読ませて頂きました。ふむふむ、そういった事情で海外に散在しているわけですね。特に明治期などには、日本画・浮世絵など古来のものはつまらないものと排斥され叩き売りされてた時期があって残念です。ただ、海外に日本人以上のコレクターがいるというのは、とてもうれしいことです。最近江戸東京博物館で公開された、写楽の初公開画もそんな海外コレクターがもってたんですよね。
 ご夫婦の会話がとても楽しいですね。臨場感あふれる感じが素敵ですよ。

コメントありがとうございます。

>もうやださん

日本人が日本の物をつまらないなんて残念な話ですね。
見慣れているってのもあるんでしょうけど・・
身近にあるものは貴重さに気付かないんですね。

写楽の初公開画!!
そうだったんですか・・写楽も謎の浮世絵画家ですね。
是非見てみたいです。
Secre

     
ブログランキング
押してくれたら
嬉しゅうございます

FC2Blog Ranking

プロフィール

レイコ

Author:レイコ
はーい!もしもし。
「こちらアイパッチ博士ですけど」
なーんつってな!!
世界平和を願う為、ステキな物やバカっつら~な物を見聞きするのが好きなレイコちゃん。
旅行はもちろん!美術館や建物を見学したり、キレイな景色やお花を見たり劇や映画を鑑賞したり・・時にはクラブではじけたり♪
そんな合間に、お家ではお料理をしたりお裁縫をしたりして密かに主婦任務遂行中!

のびないもちはもちじゃね~!
それが、
「OH!スーパーレイコちゃん」


注)ブログタイトルは"OH!スーパーミルクちゃん"からとったものです。自分の事をスーパーと言っている訳ではありませんのであしからず。

リンクフリーだす♬(*=д=)/
コメントもお気軽にしてちょ!

使用カメラは、デジタル一眼レフ「オリンパス・E-510」デジタルカメラ「キャノン・PowerShot G5」


SNS

経県値経県マップ
どれだけ行けるかな?

FC2カウンター
いつも来てくれてありがとう♪
カテゴリー
TwittPet
ただ今のつぶやき 小鳥をクリックしてみよう!

最近のコメント
最近の記事
今日のお天気
アンパンマン
リンク
私のお気に入りブログ!お友だちの素敵なブログです(*゜▽゜)ノ
フェイバリットサイト
レイコちゃんお気に入りのHPやブログです!

milk_20091029204055.gif

LVP_BANA.gif

btn_denki.gif

btn_donguri.gif

enter_03.gif

bana.gif

0tobira1.jpg

dolis_french.jpg

img576のコピー

banner_nara.gif

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。