スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「プラダを着た悪魔」

この前テレビで「プラダを着た悪魔」をやっいた。劇場には見に行かなかったが、以前DVDを借りて見た。でも、また見てしまった。心に残った映画というのはつい何度も見てしまう。
私はこの映画が好きなのだろうか?見る度に心臓をギュッとつかまれた様な気分になる。動悸がする。気がめいる。
そんな嫌な気分になるのに何故見るのか?それはまさにアンディが私自身に見えるからだ。

※ストーリー
大学を卒業し、ジャーナリストをめざしてNYにやってきたアンディ。オシャレに興味のない彼女が、みんなが憧れる仕事を手にしてしまった!
それは一流ファッション誌"RUNWAY"のカリスマ編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタント。しかし、それは今まで何人もの犠牲者を出してきた恐怖のポストだった!
ミランダの要求は、悪魔的にハイレベル。朝から晩まで鳴り続けるケイタイと横暴な命令の数々、その上"センス、ゼロ!!"と酷評され、アンディはこの業界が努力とやる気だけでは闘えないことを思い知らされる。
キャリアのためとはいえ、私生活はめちゃめちゃ。カレの誕生日は祝えないし、友達にも愛想をつかされる。
この会社で、このままでいいの?私って、本当は何をしたいんだっけ?
働く女性なら誰でも共感してしまう等身大の悩みを、華やかなファッション業界を舞台に表現する。


2003年4月、20代の新人女性作家が書いた1冊の本が、刊行と同時にベストセラーになった。タイトルは、「プラダを着た悪魔」。作者は、ヴォーグ誌の女性編集長のアシスタントをつとめた経験を持つローレン・ワイズバーガー。作者自身の実体験が多分に反映されているとおぼしきこの小説は、瞬く間に同世代の女性たちの間で評判を呼んだ。
華やかにして苛酷なファッション界の裏舞台を垣間見せながら、誰もが社会に出たときに痛感する驚きや迷いをユーモアあふれるタッチで描き出し、たっぷりの共感を味わわせてくれる。


プラダを着た悪魔 (特別編) [DVD]プラダを着た悪魔 (特別編) [DVD]
(2008/10/16)
不明

商品詳細を見る


私は誰もが憧れる訳では無いが、ファッション業界の企画部門という所に入社した。服のデザインとパターンをひく仕事が担当だ。当時の私はアンディの様に学生時代の成績が良かった為変な自信をつけていた。良いと言ってもしょせん学生レベル。何十年やっているプロの先輩やチーフからすれば、「フッ」といった笑いにもならないレベルの低さだ。
何もかもが上手くいかない。あせっているので失敗ばかりする。自分の仕事のできなさに自分自身が嫌になる。
朝から晩まで働かされる。アンディは映画の中で走り回っていたけど、私もまさにあんな感じ。歩いて移動していたら仕事が遅い!と怒られるか、又は暇だと思われ仕事を言い渡される。ちょっとそこにコピーをとりに行くのも時間が惜しい。やる事が頭からはみ出そうなくらい沢山ある。何からどうこなせば良いのか分からなくなる。その間も電話はバンバンかかってくるし、それに対応している間にメインの仕事がどんどん遅れる。
就職して一週間しかたってないのに仕事が遅すぎるとチーフから怒鳴られる。
まだ未熟者の私は「何なんだよ!キー!!」と周りに愚痴をぶちまける。

休みも無く終電まで残って仕上げた仕事がすべてボツにされる。努力しても実らない。
学生の頃なら認めてもらえたものが、認められるどころかけなされる。努力すれば必ず実を結ぶと教えられてきたのに、ガラガラとそんな神話も崩れる。努力したから認められるという世界では無い事を知る。大事なのはすべて結果だ。それまでの行程なんてどうでもいい。まさにアンディが戦っていた時の心境が手に取る様に分かる。

映画の中で印象的なシーンはいくつもあるが、中でもアンディと仲良しだったはずの友達の心が離れている事を表したシーン。アンディとは違う世界で働いているし仕事への熱意も違うので、話しが合わず、友達と自分のレベルの差に気づく。あれは私も同じ事を体験した。
友達だと思って気兼ねなくしゃべっていたら、ある時ボソっと「レイコちゃんって仕事の話しかしないよね。」と言われたのだ。その人は働いていない。その時、その人に限らず世界が違う人間に仕事の話は二度としない様にしようと思ったし、社会に出たら路はそれぞれ違くなるのだと分かった。

そして、ヴォーグ誌の女性編集長がかなりの暴君の様に描かれているが、ファッション業界の上司はあれが普通だ。
逆にあれくらいじゃないと仕事がまわらない。
外に出ればアンディが周りから言われていた様な事を言われる「チーフの下で働くのしんどいでしょ?よく続くよね。」そうゆう時アンディもそうだったが、一緒に悪口を言う気分にはなれなかった。何故なら、そう言ってくる人も信用できないからだ。
けれどチーフの事は信頼していた。どんなに怒られても、それはすべて私ができないのが悪いからだ。チーフの言う事はすべて正しかったし、当たり前だが技術も知識も私とは天と地の差だった。パーフェクトで非の打ち所が無かった。実力でランク付けされていた為、自分よりできない人が上にいる事は無い。私より上にいる人の事をどう貶す事ができよう。
崖っぷちに立たされた時だけ手を差し伸べてくれた。社長から不条理な事を言われた時、一緒に泣いてくれた。
今思えば、いつも味方だった。味方だからこそ指導され注意されたのだ。仕事へのノウハウを1からすべて叩き込んでくれたのはチーフだった。

そして、何年かするとヤワだった心臓にも毛が生えてくる。自分がデザインしたサンプルがボツになっても、誰に何を言われても、動揺しなくなる。逆にそれをギャグにして笑える様にまで成長する。傷つく事が無くなった。
世の中こんなもので丁度良いのだと思えるようになる。
それが社会人になったという事だった。

そのうち「このままでいいの?本当は何をしたいんだっけ?」と思う様になってくる。好きだと思ってやってきた事がいつしか苦痛になる。私がやりたかった事は本当にこんな事だったんだろうか・・?

編集長ミランダはアンディの次の就職先の上司にこう言う。「彼女には失望させられた。けど彼女を雇わなければ一生後悔する。」アンディはその言葉を一生覚えているだろう。毎日怒られて誉められる事の無かった上司の本音だ。

私も辞める時厳しかったチーフに言われた一言を、今でも覚えている。
「あなたなら、どんな所に行っても通用する。」
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

     

コメント

深い話。

私も「プラダを着た悪魔」見ました。

何だか いろいろな意味で 深い内容だなぁと思ったなぁ。

reikoちゃんの日記にも ちょっと衝撃を受けました。
そして思ったこと。

「だからreikoちゃんは 精神的に強いんだ~」と。

学生時代から そこそこの強い人だった気がするけれど(笑) アパレル業界で頑張ってから 「あれ?何か変わった気がする」って感じたことがあった。
良い意味で さらにすごい人になったなと思った。

安心して 頼れるお人になった♪(頼るなよ!!って・・・)

「成長する」って こういうことかぁとしみじみしちゃった。

>じゅんちゃん

じゅんちゃんは良い理解者だと思っております。

もう忘れてると思うけど、
この頃、よく手紙のやりとりをしていて、私が言いたい事とか思っている事を実によく理解してくれ励ましてくれました。
仕事を辞めたと伝えた時、「本当によく頑張ったよね・・」と涙ながらに言ってくれた事も覚えております。
「何か変わった気がする」と思ってくれたのも、そんな風に近くにいてくれたから気がついた事なんじゃないのかな?
感謝しています!!

おう!何でも良いので頼ってくれ!!
サポートしますよ。

観ていないのですが……

まさにレイコさんと同業者です(笑)

身近すぎてこの映画が未だに観れません……
きっと色々と物思うことが多そうで敬遠してます(笑)

今日、まさに溜息の出るようなことがあって気が滅入っていました。
仕事ってなんだろう?働くってなんだろう?
行き詰る時はいつも自分の内面に気持ちが向ってしまいがちで
仕事でしか自分の価値を見出せなくなってしまいます。

「好きなことが苦痛になる」

苦痛と思わないようになる頃には好きなことが
いつの間にかどうでもいい事になってしまったり。
何度も何度も凹んで、それを乗り越えて、でもまた新たなことで凹む。
そんなことばかり繰り返してます。
成長したなぁ~って思ってるうちはまだまだなんだなぁと(笑)

で、もう少し頑張ってみるか……と立ち直る。
もしくは開き直る(笑)

色んな意味で凄く気になる映画であることには違いないので
心に余裕が出たら観て見たいと思います!


>神楽さん

同業者!!前も聞いてびっくりしてました。
う~ん・・頑張っている真っ最中だと見るの辛い映画かもしれません・・。
でも重くなく、けっこう明るくあっさり描いてある映画なので後味は悪くないです。
しかし、神楽さん頑張ってるんですね。毎日格闘してるんですね。
凄いです!!あっぱれ!!陰ながら応援しています。
それはのちのち技術的にはもちろんですが、精神的にも上の人間になりますよ。
私は教える方に転身しましたが、それも事情があり3月で終わりです。

開き直る事も大事ですね。
考えても解決しない事や落ち込んでもどうにもならない事ばかりなので、私は開き直ってましたね。(笑)

私も同じでした。
辞める事はいつでもできる。今日辞めてもかまわない・・けど後1日やってみよう。それの繰り返しでキャリアができるんだなぁ~って思います。

好きな事が苦痛になるのは好きな事を仕事にしたからなのか・・?
いや、なんか違う。きっと思う様な仕事ができないからだ。と分かって辞めました。どう、思う通りの仕事をするか?にかかっている様な気がします。
Secre

     
ブログランキング
押してくれたら
嬉しゅうございます

FC2Blog Ranking

プロフィール

レイコ

Author:レイコ
はーい!もしもし。
「こちらアイパッチ博士ですけど」
なーんつってな!!
世界平和を願う為、ステキな物やバカっつら~な物を見聞きするのが好きなレイコちゃん。
旅行はもちろん!美術館や建物を見学したり、キレイな景色やお花を見たり劇や映画を鑑賞したり・・時にはクラブではじけたり♪
そんな合間に、お家ではお料理をしたりお裁縫をしたりして密かに主婦任務遂行中!

のびないもちはもちじゃね~!
それが、
「OH!スーパーレイコちゃん」


注)ブログタイトルは"OH!スーパーミルクちゃん"からとったものです。自分の事をスーパーと言っている訳ではありませんのであしからず。

リンクフリーだす♬(*=д=)/
コメントもお気軽にしてちょ!

使用カメラは、デジタル一眼レフ「オリンパス・E-510」デジタルカメラ「キャノン・PowerShot G5」


SNS

経県値経県マップ
どれだけ行けるかな?

FC2カウンター
いつも来てくれてありがとう♪
カテゴリー
TwittPet
ただ今のつぶやき 小鳥をクリックしてみよう!

最近のコメント
最近の記事
今日のお天気
アンパンマン
リンク
私のお気に入りブログ!お友だちの素敵なブログです(*゜▽゜)ノ
フェイバリットサイト
レイコちゃんお気に入りのHPやブログです!

milk_20091029204055.gif

LVP_BANA.gif

btn_denki.gif

btn_donguri.gif

enter_03.gif

bana.gif

0tobira1.jpg

dolis_french.jpg

img576のコピー

banner_nara.gif

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。