スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不毛地帯

木曜日の10時からめちゃくちゃ楽しみにしていたドラマが終わってしまい、なんだか木曜の夜が手持ち無沙汰?(←この表現であってる?)な感じになってしまいました。長いクールのドラマだったので、余計そう感じるのでしょうかね。
もともと、山崎豊子作品が好きです。と、言ってもドラマを見るだけで、特に原作本を読んだ事は無いのですが、『白い巨塔』や『華麗なる一族』『大地の子』『女系家族』などのテレビドラマは見てました。日本航空の腐敗した経営をテーマとした『沈まぬ太陽』も映画は見てないのでDVDになったら是非見てみたいですね。
山崎豊子=ノンフィクション作家というイメージが私の中にあります。だから面白いんだと思うし、こんな事が実際にあったんだ・・と、しみじみ見入ってしまうんだと思います。実際は違います。フィクションです。ある人が言うにはおそらく7割程度の事実と3割くらいの虚構で構成されているんじゃないかと言っていました。脚色もあるだろうし、人物名や会社名などは違うし、山崎さんなりにアレンジしている所も多々あると思います。(そのままを本にすると色々と問題があるらしい。)でも、おおまかなあらすじはモデルがあって実際の事なんですから、歴史を知る意味でも(もちろんその関係者や業界の人は知っていると思いますが、普通の一般人が知るという意味で)とても勉強になるし、興味深い話が多いです。

※Wikipediaより引用 評価
「日本のバルザック」と呼ぶファンがいる一方、盗作疑惑が何度も指摘されている。参考とした資料をほとんど脚色せず作品に反映させたため、盗作との指摘を資料の執筆者から何度も指摘を受けている。よって盗作問題については、「資料の引用」とするか、「盗作」と取るか意見が分かれる所である。

fumouchitai.jpg


前置きが長くなりました。『不毛地帯』ですが、最初から最後まで息つく暇が無いほど色々な展開があって面白かったです。長いクールのドラマでしたが、全く飽きがきませんでした。
まず、商社マンという仕事を私は誤解していました。「商社なんて、もともと海外にある製品を日本に運んでくるだけの仕事でしょ?語学はできるかもしれないけど、たいした仕事じゃないじゃん。」と思ってました。私は製品を一から作り出す職人の事が、世の中では一番偉いと思っています。まず、一から作り出す人がいなければ、周りの事務も経理も営業も商店も存在しえないからです。(あくまでも私の意見)
商社は偉そうにしてるけど、もうすでにある物を右から左に移動するだけ・・。

しかし、壹岐正のやっている仕事はあの時代だったからかもしれないけれど、航空自衛隊の次期戦闘機選定争い、日米の自動車会社の提携、中東(イラン)での石油発掘プロジェクト、という様に日本の歴史を変える様な大きな仕事をしている。こんな凄まじい仕事をしてきたのか。というのと、これらの仕事の難しさがドラマを通じてひしひしと伝わってきた。
今でこそ、色々な意味で認められている日本。日本製品はいわゆる品質の良い物としてブランドとされている。けど、戦後まもないこの時代は日本という国は戦争に負けてみじめな思いをしてきた。それをこうゆう壹岐正の様な実際戦争を体験してきた世代が努力に努力を重ねて、今の日本を作り上げてきたのだと、改めて分かった。

そして、印象に残ったのは壹岐正のクールフェイスだ。陸軍中佐だったというのが大きく影響していると思うが、何がおきても表情を変えない。どんなにピンチでも、嬉しくても、あまり表情に出さない。もしかすると、これが勝負事に勝つ手段なのかもしれないと思った。
この時代の人全てがこうゆう経験をした訳では無いし、壹岐正の様に優秀という訳では無いと思うが、シベリアでの辛い経験が、高いハードルを乗り越える時の基盤になっている様に思う。辛い事があったり逆境に立たされても壹岐正がいつも強いのはそういった辛い経験があるからだ。壹岐正はそれを見事に仕事に反映させた様に思う。

現在に比べると、沢山の辛い経験をしてきた時代だ。今の人達よりとても強い精神力を持っている人間だったと改めて思った。

217023_c450.jpg


そして、この話を面白くさせているのが、壹岐正意外の様々な登場人物だ。大門社長や里井副社長、ライバル商社の鮫島辰三、つき合っていた秋津千里、クラブの浜中紅子など・・
大門社長が壹の素質を見抜いて引き抜いてきたり、初めは壹をかわいがっていた里井副社長がだんだん敵対心をむき出しにしてきたり、最後には大門社長までが壹を疑う様になったり、会社って長年努めているとこうゆう事あるだろうね~っていう場面がよく出てくる。
大門社長は人を見る目もあるし決断力もあるが、その目も年をとると濁ってくる。若い時はスッキリして気持ちのよい性格だった社長も、年をとると守りに入り昔の事への執着が強くなる。そうゆう老害もよく表していた。
そして、最後の壹の決断に、う~ん・・さすが。と、唸るばかりである。

浜中紅子の存在も凄かった。困った時の紅子だのみ。とでも言わんばかりに、重要な商談の約束をその人脈の広さと美貌で簡単にとってくる。銀座の超高級クラブではこんな事が行われているんだ・・と、ホステスの凄さに関心してしまった。しかも、紅子が後のデヴィ婦人だと分かり、デヴィ婦人凄い!と関心しきり。
田中角栄の悪さもしみじみ感じる事ができた。政治家への企業献金はこの時代にできたものなのか・・。
長くなってしまいましたが、むりやりまとめると様々な日本の裏を垣間みれて実に面白い話だった。
視聴率が悪かったと言っているが、今の日本人は平和ボケしていて、こんな事にはもう興味無いんだろうな~と思う。内容が重くて難しすぎるという評価があったが、私はそうは思わなかった。

最後にあらすじと実際の人物や会社名について調べてみたので明記しておく。
近畿商事→伊藤忠商事 東京商事→日商岩井(現在の双日)五井物産→三井物産 五菱商事→三菱商事 丸藤商事→丸紅商事
国内自動車メーカー・アイチ自動車→トヨタ自動車 千代田自動車→いすゞ自動車
日本石油開発公社→日本石油公団
海外自動車メーカー・フォーク→フォード ユナイテッド・モーターズ→ゼネラルモーターズ(GM)グレンスラー→クライスラー
近畿商事・壹岐正→瀬島龍三 大門一三→越後正一 東京商事・鮫島辰三→海部八郎
政治家・佐橋総理→佐藤栄作 田淵幹事長→田中角栄
クラブの女性・浜中紅子(黄紅子)→根本七保子(後のデヴィ婦人)

※あらすじ
主人公の壹岐正(いきただし)は陸軍中佐で大本営参謀。終戦の詔に対し、参謀総長の命令書が出されていない以上武装解除に応じる必要がないと解する関東軍部隊の説得に努めた。日ソ中立条約を犯して侵攻してきたソ連軍に拘置され、重労働の刑(25年)を宣告されシベリアに送られる。そこで11年の抑留生活をおくることになる。帰国後参謀としての経歴を買われ商社の近畿商事に入社し航空自衛隊の次期戦闘機選定争いの仕事で辣腕を振るうことになる。後半部では日米の自動車会社の提携、中東(イラン)での石油発掘プロジェクトにも携わっていく。
イラン・サルベスタン鉱区での石油発掘に成功した壱岐正は、近畿商事社長の大門に勇退を進言し、みずからも近畿商事をやめてしまう。そして、壹岐は第三の人生として、長期シベリア抑留者の親睦団体である朔風会(さくふうかい)の会長となり、シベリアへ現地で死んだ日本人の墓参りと遺骨の収集に行く。

壹岐正のモデル瀬島 龍三の本↓
沈黙のファイル―「瀬島 龍三」とは何だったのか 新潮文庫沈黙のファイル―「瀬島 龍三」とは何だったのか 新潮文庫
(1999/07)
共同通信社社会部

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 不毛地帯
ジャンル : テレビ・ラジオ

     

コメント

No title

こんにちは。

総合商社という生業は、日本独自のモノです。こういった生業は他の国ではみられませんね。商社という言葉が、おそらく勘違いをさせているのだと思いますよ。戦前までの商社のニュアンスと、今のそれは違うようですよ。でも社名は戦前からの伝統ある名前ですから、仕方がありませんね。


総合商社の役割は時と場合、相手によっては、日本の代表であったり、日本政府の代行的な役割も果たしてきました。おそらく発展途上国に対しては、今でもそういう一面がありますし、外務省との連携は戦前からのものでもあります。民間の一企業が、こういう位置にいることが特殊なのだと思います。其れゆえの特権・汚職・不正もあるのでしょう。

僕は商社マンではありませんけど、彼らは凄いと思いますよ。何がと言えば、規模でしょうね。それを取り扱うだけの馬力とバイタリティも凄い。

だからこそ、鮫島みたいなキャラは決して大げさではないと思います。
あのくらいでなきゃやれないでしょうし、あぁいう人、以前は結構いたようにも思います。
てか、20年くらい前は、結構普通にどこにでもいたけど、今アレやったら・・・・って話でしょうね。

なんか鮫島から発した総合商社の話になってしまいました・・・。でも、鮫島君、自分とダブるんですよねぇ~。腹黒さじゃなくて、キャラ的に。


>YAM★YAMさん

コメントありがとうございます。YAM★YAMさんの熱い思いが伝わってきました。
総合商社というのは日本独自のものなんですね。海外はどうしているのか気になりますね・・政府がやっているのでしょうか?
いろいろ勉強になるご意見ありがとうございました。

鮫島は凄かったですね。あの人も凄い腕の持ち主だと思いました。
クールな壹に対抗して、くどい鮫島って感じで良い味出してましたね。ああゆうライバルがいないとつまりません。

YAM★YAMさん鮫島キャラなんですか~~!?
いや~びっくりしました。ああゆう濃い人はなかなか最近いないですよ。
その道、どんどん突き進んで行ってほしいです。(笑)
Secre

     
ブログランキング
押してくれたら
嬉しゅうございます

FC2Blog Ranking

プロフィール

レイコ

Author:レイコ
はーい!もしもし。
「こちらアイパッチ博士ですけど」
なーんつってな!!
世界平和を願う為、ステキな物やバカっつら~な物を見聞きするのが好きなレイコちゃん。
旅行はもちろん!美術館や建物を見学したり、キレイな景色やお花を見たり劇や映画を鑑賞したり・・時にはクラブではじけたり♪
そんな合間に、お家ではお料理をしたりお裁縫をしたりして密かに主婦任務遂行中!

のびないもちはもちじゃね~!
それが、
「OH!スーパーレイコちゃん」


注)ブログタイトルは"OH!スーパーミルクちゃん"からとったものです。自分の事をスーパーと言っている訳ではありませんのであしからず。

リンクフリーだす♬(*=д=)/
コメントもお気軽にしてちょ!

使用カメラは、デジタル一眼レフ「オリンパス・E-510」デジタルカメラ「キャノン・PowerShot G5」


SNS

経県値経県マップ
どれだけ行けるかな?

FC2カウンター
いつも来てくれてありがとう♪
カテゴリー
TwittPet
ただ今のつぶやき 小鳥をクリックしてみよう!

最近のコメント
最近の記事
今日のお天気
アンパンマン
リンク
私のお気に入りブログ!お友だちの素敵なブログです(*゜▽゜)ノ
フェイバリットサイト
レイコちゃんお気に入りのHPやブログです!

milk_20091029204055.gif

LVP_BANA.gif

btn_denki.gif

btn_donguri.gif

enter_03.gif

bana.gif

0tobira1.jpg

dolis_french.jpg

img576のコピー

banner_nara.gif

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。